iPhone6、iPhoneAir

写真拡大

9月9日に発表となるアップルの新型スマートフォン『iPhone 6』と5.5インチの『iPhone Air(仮)』であるが、その2機種をいち早く入手……といっても、入手したのはモックである。

アキバの某店舗で既に販売されており、店員さんに話を聞いたところ「既にこの大きさや形で確定でしょうね」とのこと。モックと言えば過去『iPhone5』の際にも発表前に販売されていたことがあった。その際は発表時と結局同じ物となった。

今回もモック形状が当たっているとすれば、本物もこのモックのままとなる。

実際に触って見ると角が丸みを帯びているのが分かる。そのほかスリープボタンが本体上から本体右に移動しており、大きくなった形状でも押せるように変更されたことがわかる。その他、下部のスピーカー部分も変更が加わっている。カメラレンズは少し飛び出ているのが特徴。ストロボは『iPhone 5s』では縦長だったのが丸に変更となったようだ。

大きいと持ちづらいという人もいたが、筆者が持った感じは『iPhone 6』はそんな持ちにくいという感じでもなかった。しかし5.5インチの『iPhone Air』は大きすぎである。

色は『iPhone 6』、『iPhone Air』共に2種類で黒(背面グレー)、と白(背面ゴールド)となっている。

さて、このモックが当たるかどうか。真相は来週の発表で明らかになる。

『iPhone 6』の本体映像が流出!? 5.5インチは『iPhone 6』ではなく『iPhone Air』?
http://getnews.jp/archives/657934


iPhone6、iPhoneAir

スリープボタンと下部

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。