午前2時26分、錦織圭が満面の笑みを浮かべ、2014年USオープンで自身初のベスト8入りを決めた。アーサー・アッシュスタジアムには、祝福の「ケイ・コール」が響き渡っていた――。

 日本男子としては、1922年の清水善造以来92年ぶり、1968年のオープン化(プロ解禁)以降では、初となる準々決勝進出となった。

 それにしても、ニューヨークでの錦織の初のベスト8進出は、ケガの功名とでも表現すればいいのだろうか。

 ATPランキング11位(大会時)の錦織圭は、第10シードを獲得したが、大会前には出場が危ぶまれ、試合ができるかどうかは、1回戦当日になるまではっきりわからなかった。

 8月上旬、錦織は右足親指の母指球にできた膿胞を取り除く手術を行なっていた。手術から1週間後には抜糸をしていたが、2大会を欠場し、満足な練習ができないままニューヨーク入りをした。

 今シーズンの錦織は、オーストラリアンオープン(全豪)とウインブルドン(全英)でベスト16に進出しているが、彼自身が目標としているグランドスラム大会ベスト8以上という目標はクリアできていなかった。

 ランキングでは今季初のトップ10入りを果たしたものの、ツアー優勝2回の錦織は、グランドスラムで満足のいく結果を出せず納得できないまま。だからこそ、今季最後の4大メジャーで是が非でも上位進出を狙いたいところだった。

 それでも、右足の不安は拭えなかったという。

「今のところは、そんな(過去最高成績を狙う)余裕はないですね。まずは(USオープンに)出ることが第一歩です。グランドスラムでは、今年はまだ思うような結果が出ていないですけど、(4大テニスメジャーに次ぐグレードの)マスターズでは準優勝(マドリード)できたし、いい結果も出ている。もちろんグランドスラムは、一年で一番の目標ではありますけど、今回に限っては、まだポイント練習もできていないので、とりあえず1回戦を戦って、調子を上げていくしか方法がない。それに賭けてみる感じです」

 大会前の会見で錦織はこのように語り、1回戦に不安だらけで臨んだ。だが、そこでストレート勝ちを収めると、手ごたえを感じて自信を取り戻し、その後1セットも落とすことなく、2008年以来となるベスト16入りを決めた。今回に限っては、自分へ過度の期待をかけることなく、気負わずにテニスをできたのが、錦織にとっていい方向へ働いたようだ。

「足の感覚もプレー自体も、1試合ずつ試しながら、本当に少しずつ前進する感じ。勝ちたいという気持ちは、いつもより少ないので、それがいい意味で力になっているのかなと。(手術後に練習していない)ブランクを自分でもあまり感じないでプレーができています」

 錦織は、最大の武器であるフットワークで、的確にボールポジションに入り、ベースライン付近から早いタイミングでボールを捕らえ、対戦相手の考える時間を奪い、試合の主導権を握った。そのボールのクオリティも高く、スピードとパワーで圧倒して、シード選手の格の違いを大会序盤で見せつけた。

 6年前の08年、18歳でUSオープンに初出場した錦織はベスト16に進出。この時は、3回戦で第4シードのダビド・フェレールを3時間32分の5セットで破った時点で、心身共に燃え尽きてしまっていた。だが、24歳になった錦織は、グランドスラムで通算6回目となるベスト16を冷静に受け止め、自他共に認める成長を遂げた。

「18歳の時は、フェレールに勝った後にほぼ満足して、うわの空の状態で次の試合を戦った。それに比べたら、今は当たり前のようにここまで来て、まだまだ先は長いという感じ。(6年前と違って)当たり前のようにここにいるのは、気持ち的にもいいことだと思うし、ハングリーになっている証拠かなと思う」

 第5シードのミロシュ・ラオニッチ(6位)との4回戦は、アーサー・アッシュスタジアムのナイトセッションに組まれ、ついに錦織は、USオープンのセンターコートに立った。

 ツアー屈指のビッグサーバーであるラオニッチに対して、「リターンがキーになる」と錦織は警戒していたが、第3セットまでにブレイクポイントを14回獲得しながらブレークできたのは3回にとどまり、セットカウント1−2とラオニッチにリードを許した。

「第3セットが終わって、気持ちをリフレッシュするのが一番大変だった」と錦織は振り返ったが、サーブの調子が上向いていたのは好材料だった。錦織は、第3セット以降一度もラオニッチにブレイクポイントを許さず、逆に「少しずつリターンゲームでプレッシャーをかけられた」と、第4セットとファイナルセットを連取して、4時間19分に及んだ勝負を制した。

「(ニューヨークへ)来る前は考えられなかったけど、1回戦を勝った後、足の調子も良く、テニスの調子も良かったので、そこからは自分を信じてやれている。驚きもありますけど、十分勝てる相手ですし、最後まで踏ん張ってできたのはよかったですね」(錦織)

 錦織に帯同しているダンテ・ボッティーニコーチも初のベスト8進出を喜んだ。

「アメイジング! アメイジング! ここ数年取り組んできたハードな練習が報われました。圭は、本当に懸命に戦い、この勝利に値する選手です。そして、最後まであきらめかった」

 だが、トップ10定着とグランドスラム制覇を目指す錦織は、USオープンベスト8で満足し、立ち止まるわけにはいかない。

「決勝に行くまでは、なかなか喜べないですね。自分の位置を把握し始めていて、最近は『上までいかないといけない』というプレッシャーを自分にかけてやっている」

 さらに錦織にしては珍しく、自信をのぞかせるような力強い言葉も発している。

「勝てない相手は、もういないと思うので、できるだけ上を向いてやりたいですね」

 勝てない相手はもういない......。王者ノバクジョコビッチや錦織が尊敬するロジャー・フェデラーら、トップ選手への宣戦布告のようにも受け取れるが、今の錦織は、グランドスラムの頂点を見据えることのできる世界でも数少ない選手のひとりとして名を連れていることは間違いない。

 過去にグランドスラムを制覇した名選手達は、準々決勝からの戦いは別次元で、そこからが本当の戦いだと口をそろえるように語っている。今後、その別次元の舞台で、錦織の真価が問われることになっていく。

神仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi