©KYORAKU

写真拡大

KYORAKUのぱちんこ&ぱちスロをもっと楽しめるようにと開発された、プレイに役立つ機能満載のモバイルアプリ「ぱちログ」。ぱちんこ&ぱちスロのプレイヤーであれば、ぱちログのサービスを利用された方も多いのではないでしょうか。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

このたびこの「ぱちログ」がリニューアル。これまでの機能をそのまま引き継ぎつつ、新たな機能を追加して生まれ変わりました。

これまでのぱちログは、遊んだ履歴を確認することができたり、機種ごとに設定された連動サービスを利用したりすることができました。

例えば「ぱちんこAKB48 バラの儀式」では、遊戯中に獲得したAKB48の楽曲や画像を使って、BGMやサブ液晶画面の壁紙を自分好みにカスタマイズすることができたり、「ぱちすろ必殺仕事人」では、中村主水や三味線のおりくなど、お気に入りのキャラクターを使って他のぱちログユーザーと対戦ゲームを楽しむことができたり、遊ぶための要素が盛りだくさんでした。

■プレイを仲間と実況できる「ぱちログ実況チャンネル」

そんなぱちログに今回新たに追加されたのは、全国のぱちログユーザーとリアルタイムで情報を共有することができる「ぱちログ実況チャンネル」というサービス。

用途にあわせてチャットできるルームがいくつか用意されています。

ぱちんこやぱちスロで遊びながら、全国の仲間とプレイを実況できる「わいわいチャンネル」や「まったりチャンネル」、登録した「フレンド」同士で盛り上がれる「お気に入りユーザーチャンネル」や「フレンドチャンネル」など。

他にも、特に盛り上がっているルームを閲覧することができる「ピックアップチャンネル」や、ぱちんこ・ぱちスロライターさんと実況を楽しむことができる「イベントチャンネル」というものも。

■SNSとしても使える「フレンドトーク」

また、フレンド数人でグループを作って会話ができる「フレンドトーク」もあり、コミュニケーション機能が充実しました。

これらの「実況チャンネル」と「フレンドトーク」では、マスコットキャラクターの「たぬ吉」の絵柄をはじめとする「スタンプ」なども入っていて、遊戯の状況だけでなく、フレンドとの連絡手段としても利用できます。

撮影した写真も投稿することができるので、ぱちんこ&ぱちスロ専用のSNSとして利用してもいいかもしれません。

■こだわりの演出をフレンドと共有「演出スクラッチ」

他にも、ぱちんこ&ぱちスロで遊んでいる最中にサブ液晶画面に表示されるQRコードを読み取ると、「演出スクラッチ」というくじを読み込むことができます。

これは、ぱちんこ&ぱちスロで繰り広げられている演出をぱちログで見ることができ、フレンドと即座に共有することができるというもの。

スクラッチを削るまでは何がでるのかわからないので、他のユーザーも一緒に楽しむことができます。このサービスは、最初は「ぱちんこAKB48 バラの儀式」のみの対応ということです。

これまでは、ひとりで遊ぶ人が多いと思われるぱちんこ&ぱちスロですが、リニューアルしたぱちログがあれば、プレイヤーの仲間が増えるかもしれません。

ぱちログをダウンロードして、楽しいぱちんこ&ぱちスロ・ライフを手に入れてみてはいかがでしょうか。でも、お金の使い過ぎは個人の責任ですので、お気をつけ下さい。