腎臓の難病「常染色体優性多発性のう胞腎」に対する画期的な新薬

ざっくり言うと

  • 腎臓の難病「常染色体優性多発性のう胞腎(ADPKD)」の新薬を紹介している
  • これまで対症療法しかなかったが、今年3月に新薬トルパブタンが承認された
  • 服用することで、のう胞を悪化させる因子を抑えることができる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング