『ドライブインシアター浜松』メインビジュアル

写真拡大

駐車場が舞台の映画上映イベント『ドライブインシアター浜松』が、10月16日から18日まで静岡・浜松の浜名湖パルパル駐車場内特設エリアで開催される。

【もっと写真を見る】

駐車場などの空き地で、車に乗ったまま映画を鑑賞出来るドライブインシアター。1950年代から60年代にかけてアメリカで流行し、その後日本でもデートコースとして人気を博したが、上映には時間や場所、天候など様々な条件が必要となる点や、シネマコンプレックスなどの台頭から徐々に衰退し、2010年には日本最後のドライブインシアターだった神奈川・ドライブインシアター大磯が閉館した。

ドライブインシアターを復活させるためのユニット「DiT Japan」による今回のイベントでは、ミシェル・ゴンドリー監督『エターナル・サンシャイン』、押井守監修による湯浅政明監督作品『キックハート』などが上映される。また、会場ではクラシックカーの展示やヴィンテージラジカセの展示販売が行われるほか、地元の食が楽しめるナイトマーケットも併設される。

なお、同イベントを支援するプロジェクトがクラウドファンディングサイト「MotionGallery」で実施中。特典には1日貸し切り権をはじめ、オープンカー特等席やエグゼクティブプロデューサー権などが用意されている。詳細はプロジェクトページで確認しよう。