写真は「さつま芋餡の秋あんみつ」

写真拡大

セブン-イレブン・ジャパンは2014年8月29日から順次秋の食材と月見団子をイメージした和スイーツを全国のセブン-イレブンで発売している。

甘さ控えめで上品な仕上がり

販売中の「さつま芋餡の秋あんみつ」と9月5日発売予定の「クリーム白玉ぜんざい(栗入り)」の2種。

「あんみつ」(300円、税込)は、もちもちとした食感の白玉とぷりっとした食感の寒天に、ホイップクリームとさつま芋餡を組み合わせた一品だ。さつま芋餡は、皮つきの国産サツマイモをじっくり焼き上げてつくる焼き芋ペーストから作られており、ホイップクリームは隠し味のラム酒が味わい深い。

「ぜんざい」(250円、同)は、同じく白玉と北海道産あずきを使ったつぶあんを使用。ホイップクリームと栗の甘露煮が添えられ、甘さ控えめで上品な仕上がりだ。