「ルノー カングー コンフィチュール」(ルージュ パボM)

写真拡大

ルノー・ジャポンは2014年8月末に、フランス人パティシエのピエール・エルメ氏とコラボレーションした限定車「ルノー カングー コンフィチュール」を100台限定で発売した。メーカー希望小売価格は249万5000円。

太陽光を車内に取り込む「パノラミックルーフ」搭載

“さんさんと降り注ぐフランスの太陽を浴びて育ったラズベリーとカシスをおいしいコンフィチュール(ジャム)にして朝食で食べる”という、フランスの豊かな朝をイメージした限定車。

特別色となるボディーカラーには、「ルージュ パボM」(赤)と「ブルーボルガ」(青)を設定。この2色は、パティスリーショップ「ピエール・エルメ・パリ」のコンフィチュールで、ラズベリーの入った「イスパハン」と、カシスの入った「アンヴィ」のフレーバーをそれぞれイメージしている。

専用装備として、太陽光を車内に取り込む「パノラミックルーフ」を搭載するほか、ボディーカラーを際立てるブラックホイールには、ブラックセンターキャップとブラックホイールボルトカバーを備える。また、ボディーカラーに応じて、「ルージュ パボM」には「イスパハン」のオリジナルステッカーが、「ブルーボルガ」には「アンヴィ」のオリジナルステッカーが装着される。