脳は「想像」と「記憶」を区別している:研究結果

写真拡大

「想像」と「記憶」は、脳の同じ領域で実行されているという従来の説が、fMRIを用いた最新研究によって否定された。

「脳は「想像」と「記憶」を区別している:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

「記憶の想起」と「想像」というふたつのプロセスは従来、同一の認知作業であるとされ、ゆえに脳の同じ領域で実行されると考えられてきた。しかし、この見解を否定する結果をもたらす研究が発表された

米国ユタ州にあるブリガムヤング大学(BYU)の神経科学者チームは、機能的磁気共鳴画像(fMRI)装置を用いて、被験者が特定の経験を思い出しているときと、「未知の経験をしている自分」を想像しているときの脳活動をそれぞれ観察した。

その結果、「想像」が行われる脳の場所が特定され、想像が、記憶などの関連したプロセスとは機能的に異なるものであることが明らかになったという。

今回の研究を提案した大学院生(研究当時)ステファニア・アシュビーは、研究のきっかけについて、次のように述べている。「わたしは、自分の将来の計画についてたくさんのことを考え、将来の自分をいろいろ想像している。こうした中で、想像と記憶はどう関係しているのかについて不思議に思うようになった」

「想像とは、過去の記憶をつなぎ合わせて、それまで自分が経験したことのないものに仕立て直す作業なのか、それとも、想像と記憶はまったく別物なのか、という点に興味を抱いた」

『Cognitive Neuroscience』誌に発表された論文によると、アシュビー氏と、その指導教官で論文共著者であるBYUのブロック・カーワン教授が考案した実験では、まず被験者に自身の過去の写真60枚を提出させ、それらを実験において「記憶の想起」を促す材料として使用した(fMRIによって、記憶の想起がどこで行われるかを特定するときの材料にした)。

次に、fMRIにかける前の被験者に、質問票で、どのようなシナリオが被験者自身にとって最もなじみが薄く、想像に頼らざるを得ないものかを調査した。その上で被験者をfMRIにかけ、さまざまなシナリオで想像を促したところ、想像中に活性化する脳の領域は、シナリオ各場面の「なじみ深さ」と相関していることが示された。

統計的分析の結果、記憶の想起と想像は、それぞれ脳の中心部の、互いに近接しているが異なる領域が関与していることが明らかになった。

論文によれば、双方とも脳の海馬で行われる活動だが、「海馬の狭い領域において、それぞれの活動の違いを識別することができた」点が重要だという。

TAG

BrainDiscoveryfMRIResearchWiredUK