「Angry Birds」少女マンガに、突然海外に転校したぼっち少女の物語。

写真拡大

マンガ誌「なかよし」10月号(講談社)より、大人気モバイルゲーム「Angry Birds」とコラボした新連載「Stella〜ナナと魔法の英単語〜」がスタートした。同社によると、「Angry Birds」がマンガ化されるのは世界初の試みだという。

20億以上のダウンロードを記録した、世界的なヒット作「Angry Birds」。今回のマンガ化では、「Angry Birds」のピンクの鳥のキャラクター「Stella」と、日本人の女の子・ナナが主人公のキュートなショートストーリーが描かれる。

あらすじは「両親の海外赴任で突然海外の学園に転校になった日本人の主人公・ナナ。英語が全然話せないせいで、友だちができずいつも1人ぼっちでした。そんなある日、学園の植物園で元気なピンクの鳥・ステラに出会います。ステラは学園を救うために、ふしぎな英単語カードを集めてほしいといってきて…。ナナのちょっぴりふしぎな冒険がはじまります!」。

また、このマンガは“英会話”もポイントで毎回一つの英単語をキーワードに物語が進行していく。マンガを読んでいるうちに英会話のフレーズを自然に覚えられるようになるという仕掛けだ。主人公のナナのように、両親の海外赴任で突然海外に行くことになってしまっても「これだけ覚えておけば海外でも友だちが作れる!」という必須の英単語を、わかりやすく紹介する。

監修は灘中学校・高等学校の教師で「夢をかなえる英単語ユメタン」をはじめ多くの著書がヒットしている木村達哉氏が担当。毎月1ページ英単語レッスンのコラムがあり、マンガに出てきた英単語を詳しく解説する。