写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ロッテはこのほど、「ロッテガーナチョコびらきセレモニー2014」を都内にて開催した。チョコレート「ガーナ」の新CMのお披露目などが行われ、フィギュアスケートの羽生結弦選手やCMに出演するモデル・松井愛莉さん、女優・土屋太鳳さんがゲストとして登場した。

○チョコレートの季節を告げる「チョコびらき」

秋の訪れを感じ、だんだんと涼しくなってくるこの時期。ロッテは、ガーナミルクチョコレートのプロモーションの一環として、チョコレートのおいしい季節の到来をお知らせする「チョコびらき」を毎年宣言している。

今年は、会場で新CMに出演する土屋さん、松井さんが高らかに「さぁ、ガーナでチョコびらき! 」と宣言すると、巨大なプレゼントボックスから羽生選手がポーズを決めて華やかに登場した。

羽生選手の登場に土屋さんは、「(2月に行われたソチ)オリンピックを思い出して、なんだか『伝説の始まり』って感じでステキでした」と感激しきりで、大盛り上がりだった。

○新CM2本がお披露目

この日にお披露目されたCMは、土屋さんと松井さん、広瀬すずさんが出演する「チョコびらき」篇と、羽生結弦選手が出演する「羽生選手のキモチ」篇の2本。「チョコびらき」篇は、松井さんらがホームパーティーやピクニックなど、さまざまなシチュエーションでチョコレートを楽しむ姿が印象的で、爽やかなCMとなっている。

「チョコを食べたり作ったりするのは室内って思っていたけど、チョコと青空ってこんなに合うんだな」と、撮影を通じて新たな発見があったと話す土屋さん。松井さんはダンス部という設定で、CM中にダンスを披露。「みんなで盛り上がって楽しかった! 」と撮影を思い出していた。

「羽生選手のキモチ」篇は、羽生選手が真っ赤な衣装でリンクを滑る華麗な作品に仕上がっている。軽やかな演技とともに「みんなのエールに最高の演技で応えたい」という羽生選手の強い言葉と、チョコレートでほおをほころばせる笑顔が印象的だ。

自分の出演するCMを「恥ずかしいです」と照れつつも、「もともとガーナミルクチョコレートが大好きで、夜中のテスト勉強などにもぴったり」と話した羽生選手。「試合の前にも食べたりします」と、普段からよく食べていることを明かした。

CMを見た松井さんは、「真っ赤な衣装が似合っていて、とっても力強くてカッコイイ! 」と絶賛。熱烈な視線に、羽生選手は「いやぁ……照れます」とはにかんだ。

○上から目線? で女優にアドバイス

トークセッションでは、土屋さんから「私は女優で演技をしていますが、羽生選手はリンクの上で演技をされているので、いい演技をするために心がけていることはありますか? 」と聞かれた羽生選手。

「(フィギュアスケートは)結果を求められる競技で順位がつくので、常に向上心を持ちやすいと思うんです。でも女優さんにはそういうのがあまりないと思うので、明確にどこまでがんばりたいかを常に持ち続けていれば、いい演技ができるんじゃないかな……。って、なんかすみません、上から目線なんですけど」と、真摯(しんし)な態度でアドバイスした。

土屋さんは「さっきの(CM映像を)見て、泣きそうになっちゃって。最後とか、本当にステキだったので……ありがとうございます」と、五輪金メダリストからの「金言」に感無量といった感じで大きくうなずいていた。

松井さんからは「緊張を見せないように、堂々とするコツは? 」との質問が飛んだ。羽生選手は、「緊張することは悪いことじゃないし、こんなキレイな2人に囲まれたら緊張する」と照れ笑いしながらも、「緊張していても、『これだけできる』と開き直る。それでいいんだと思います」。緊張で萎縮しないようにすることが大切だと語った。

最後のあいさつでは、「チョコのシーズンが始まるとともに、僕の(フィギュアスケートの)シーズンも間もなく開幕ということで、これから忙しくなります。トレーニングも一層頑張り、試合や練習に打ち込んでいきたいと思います」と、新たなシーズンへの決意を力強く語った。

(宮崎新之)