安達祐実、フルヌードに初挑戦「体を張って頑張りました」

写真拡大

 9月1日、東京・吉原神社で映画『花宵道中』(11月8日公開)のヒット祈願が行われ、主演を務める安達祐実(32)、淵上泰史(30)、豊島圭介監督(42)が出席した。安達は本作でフルヌードや濡れ場に初挑戦しており、撮影を振り返って感想や見どころを語った。 

 今回、安達が扮する花魁にゆかりのある同神社を参拝した3人。安達の映画主演は実に20年ぶりとなる。安達は「久々に主演の人って大変なんだなと思いました」と話すも、「花魁の扮装は一度してみたかったので嬉しかったです。朝霧の、吉原に身を置きながらもきれいな心、魂を見てもらえたら」とアピールした。

 また、本作では初のヌードや激しい濡れ場に注目が集まっている。「長年、子役時代のイメージを引きずって人生の大半を過ごしてきたので、そろそろそれを壊して次のステップに進みたいと思った」と安達。「体を張って頑張ってみました。スタッフさんがたくさんいたので、緊張したり恥ずかしくなったりしました」と振り返るも、豊島監督は「芝居が上手な人は濡れ場も上手ですね」と絶賛していた。

(撮影/江口明裕)