2日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、司会の宮根誠司氏が「キス騒動」渦中にある参院議員の橋本聖子氏が入院していたことについて、皮肉まじりに政治家を批判する一幕があった。

橋本氏は、ソチ五輪の閉会式後に選手村で開かれた打ち上げパーティーの酒席で、フィギュアスケート男子の高橋大輔にキスを強要したと週刊誌に報じられていたが、日本スケート連盟会長として1日の日本スケート連盟の理事会に出席し、騒動後、初めて公に姿を現した。

番組では、橋本氏の外見の異変について紹介。橋本氏は腎臓の持病が悪化し8月下旬まで入院しており、結果として12キロも激痩せし、手に杖をついて歩くのがやっとだったと伝えた。

宮根氏は、高橋大輔が週刊誌の報道があった翌日に会見で「キス騒動」を釈明したことについては「立派な会見だった」と高く評価したが、一方の橋本氏については、「政治家の方がちょっと都合悪いと入院するっていうのは昔からよくあったんですが、ご病気だったという…」と皮肉まじりにコメント。

さらに、宮根氏は安倍首相が行う内閣改造に触れ、「こういう状況だと、(橋本氏の)大臣就任はないという…」と述べ、コメンテーターの岩田公雄氏に橋本氏の大臣就任の可能性について問うた。

これに、岩田氏は「全体的状況から言うと厳しいんだと思いますし。もし仮にあるとしても今の体調も含めて受けられないのかなと思う」と述べ、「キス騒動」以外に体調の問題もある橋本氏の大臣就任の可能性は低いとの見方を示した。

【関連記事】
小倉智昭氏、橋本聖子参院議員のフィギュア・高橋大輔への「強制キス」報道に違和感 「なんでこういう時期にでたのかなと、僕はそっちがちょっと不思議」
爆笑問題・太田、橋本議員の高橋選手へのキス報道に「『嫌がってるのが当たり前』みたいな」「失礼だ」
「ミヤネ屋」が安倍内閣改造と石破茂氏の関係を分析「石破さんは安保担当相をやりたくない。無役の可能性も3割」