宮崎吾朗氏が父の後継者に「なりようがない」と見解 適任者は「庵野氏」とも

ざっくり言うと

  • 宮崎吾朗監督が父の「後継者」について言及した
  • 自身は「なりようがない」と述べて、適任者は「庵野さん」と話した
  • 「僕は与えられた場があって、その時に初めて仕事ができる」と分析した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング