衝撃的なシャーリーズ・セロン、スキンヘッド&鋭い眼光の強烈な存在感。

写真拡大

2015年夏の日本公開が決定しているシリーズ最新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に、名女優シャーリーズ・セロンが出演している。ジョージ・ミラー監督によると、シャーリーズが演じているのは、「フィリオサというキャラクターで、女性版ロード・ウォーリーアーズ的な存在で、巨大トラックを操る女ボス」だという。

今回解禁された場面写真は、美貌をかなぐり捨ててスキンヘッドになったシャーリーズの衝撃的な姿。オイルの汚れを気にする様子もなく、眼光鋭く何かを見つめ、強烈な存在感を発している。

7月23日から開催された「コミコン・インターナショナル・サンディエゴ 2014」で記者からの質問を受けたジョージ・ミラー監督は、「マックスは目的を失い、孤独になろうとしている。そんな彼には、強い女性が必要だった。シャーリーズが演じるフィリオサは、まさにうってつけの存在なんだ」とそのキャラクターを紹介。

「シャーリーズは、役者として恐れずに新しい役柄に入っていける情熱と能力を持っている。観客の皆さんが今までに見たことのないキャラクターが登場することになる」と、彼女に対する賛辞を贈り、同時にかつてないキャラクターがスクリーンに登場することに自信を見せている。

すべてが謎に包まれた中で公開されたシャーリーズ・セロンの衝撃的なスキンヘッドで息づくフィリオサとはどんなキャラクターなのか。主人公マックスとはどんな関わりを見せるのか。謎のベールに包まれた新たなアクション映画の金字塔「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の続報に、引き続き注目しておきたいところだ。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は2015年夏、全国ロードショー。