【無所可用】第67回 コミケへ行くのがちょっと安くなる……といいな?〜りんかい線、JR東日本が買収提案?〜

写真拡大

毎度出ては消える「無所可用、安所困苦或」でございます。さて先日、りんかい線の買収をJR東日本が東京都へ提案したとの報道がありました。まだ回答は出ていない模様ですが、もし買収が成立したらどうなるのか?気になるイベントへの対応などを推測してみたいと思います。

【関連:第66回 20年ぶりの再会〜まだ売っていたんだ!〜】

コミケ83

■JR東日本の路線になったら?

JR東日本が買収したとしても、JRの路線になるとは限りません(詳しくは後述)が、まずはJR東日本の一路線となった場合の、利用者としてのメリットとデメリットを推測します。

・話題の羽田空港連絡線と直通
これは報道でも出ていますね。羽田空港とビッグサイトは自動車では近いですが鉄道では不便なのでありがたいところでしょうか。

・京葉線と直通
千葉県はかなり要望を上げているようですが、それはそれで東京〜新木場間の列車をどうするの?という課題も無いわけではありません。

・運賃が下がる?
りんかい線は借金をかかえた路線なので、その借金ごと買収することになるのでしょうが、JR東日本の路線になり、かつ埼京線に加えて京葉線とも直通するとなると、新宿方面と幕張方面を通して乗る旅客に対して別料金を徴収するのは難しいでしょう。やむを得ず運賃をJR東日本都区内運賃に、ということになるのではないでしょうか。初乗りを二度払う事もなくなるので、かなり安くなるのはありがたいところかも。

・青春18きっぷが使える
遠路東京へ青春18きっぷでいらっしゃる方には、いちいち切符を買い替えなくてよくなります。ただし有人改札が少ないため、イベントでは大渋滞を引き起こす可能性も。

・コミケ他、イベント臨時列車はどうなる
さてこれです。大崎〜新木場という区間限定だからできているかもしれないイベント増発。直通路線が多くなると、ダイヤが複雑になり、増発がどの程度行えるのか微妙です。また首都圏でのイベントではあまり臨時列車を運転しない傾向もあり、ちょっと不安な点です。

 
■JRの子会社で、営業としてはりんかい線のままだったら?

今回、報道されたのは、「買収」であり、「合併」や「吸収」ではない可能性があります。前例として東京モノレールがあります。日立系の会社だった東京モノレールは、現在JR東日本の子会社になっていますが、JRの運賃体系には組み入れられず、改札を通して乗り換えます。
JR東日本は、羽田空港アクセス路線を建設した際に、直通して利便性を高めたいという点をにらんでりんかい線の買収に動いている可能性が高いです。子会社としてグループ企業に加えれば、JR東日本の路線でなくてもいいかもしれないのです。もしそういう動きだとするとどうでしょう。

・当面、何も変わらない
主要株主が東京都からJR東日本に変わっただけで何も変わらない、という可能性があります。前述の通り借金ごと買収なので、運賃を下げるのは会社にとって採算面で得策ではなく、当面そのまま、ということはあるのではないでしょうか。
そうなると、今ある便利と不便と融通は今までどおりということになるのでは。

・羽田空港アクセス開業に合わせて吸収合併
羽田空港アクセス路線は、いろいろ言われていますが東京方面、新宿方面、京葉線方面へそれぞれ直通列車を設定すると想定しますと、りんかい線の重要性が高まります。このタイミングで吸収合併して、路線としての様々な運営(ダイヤ設定、運転、保安、保守)を統一するかもしれません。また羽田空港アクセスはライバルが多いので、運賃設定をJR東日本で統一することで競争力を高めてくるのでは?

・羽田空港アクセス路線ごと別会社もしくは別料金
可能性は薄いのですが、一応想定してみます。りんかい線の借金、羽田空港アクセス線の建設費などを考えると、採算という点では別料金を設定してくる可能性がありえます。この場合、埼京線方面から京葉線方面への直通運転は無し、直通は羽田空港方面から新宿、東京、京葉と、従来通りの埼京線方面〜新木場、と限定すると、ICカードでも別料金が取りやすくなります。
埼京線から京葉線への直通をしなければ、今までどおり新木場駅で改札外乗り換えとなり、別料金が取れます。羽田空港はどこから来ても別料金を取れます。新宿方面から一旦羽田空港へ出て、京葉線への列車に乗るという遠回り乗車は目を瞑る、ということです。
ついでに子会社のままだと最もアレレなパターンで、羽田空港へ行くのには便利になったけどそれ以外は今までどおり、か、もしかするといままで以下になるかもしれません。

・羽田空港アクセス線が出来ても増発できる?
東京駅方面から羽田空港へは京浜急行も計画を出しており、激戦です。一方、埼京線方面、京葉線方面については美味しいところです。そして朝の空港アクセスは、それなりに一定の需要があります。
コミケのような特殊な人の動きのあるイベントは数多くはありません。羽田空港アクセスが儲かるとなると、そちらの定常輸送が優先され、いままで行われていたような早朝の増発は縮小されてしまう可能性もありえます。

まだまだいろいろ考えられますが、ひとまずはこれくらいで。これから先の動きを楽しみにしつつ、新たな発表ごとにまた予想を立ててみましょうか。

(文:エドガー)