『iPhone 6』の基板

写真拡大

9月9日に発表会が行われるアップルだが、それを前にして『iPhone 6』らしい物の基板画像が流出した。

2つ並んでいる基板の内、左がおそらく『iPhone 5s』で右が『iPhone 6』のもの。アップルのリンゴマークのところにA8と書かれているのが分かるだろう。おそらくこれが新しいプロセッサーである。A7同様に64bitであることはほぼ確定。

そして基板にはNFCチップも見つかり、これが本当なら『iPhone 6』にはNFCがようやく搭載されることになる。メモリは1GB据え置きのようだ。

ほかにも気になるのがバッテリ容量や大きさなど様々な変更点があるはず。この画像から分かることは、基板が大きくなった分本体も重くなったのだろうと言うことだ。

中国で早くも『iPhone 6』が販売開始! ※ただし中身はAndroid
http://getnews.jp/archives/622935


NFC

※画像は下記URLより引用。
http://sonnydickson.com/2014/08/30/iphone-6-logic-board-confirms-nfc/

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。