写真提供:マイナビニュース

写真拡大

住友生命は「未来を強くする子育てプロジェクト」へのエントリーを募集している。書面にての応募受け付けは9月9日(火)までとなっており、期日が迫っている。

同プロジェクトは、2007年から子育て支援事業として同社が主催しているもので、今回で8回目となる。各地域においてよりよい子育て環境づくりに取り組む個人・団体を募集し、特徴的な子育て支援活動を表彰。表彰によりその取り組みを広く社会へ紹介することで、子育て環境整備へ貢献することがねらい。なお、文部科学省と厚生労働省が後援する。

「子育て支援活動の表彰」部門では「未来大賞」として2組程度の個人・団体に表彰状と副賞100万円が贈られ、そのうちの1組を文部科学大臣賞、もう1組を厚生労働大臣賞として表彰する。そのほか「未来賞」として、10組程度に表彰状と副賞50万円、「震災復興応援特別賞」として3組程度に表彰状と副賞50万円が贈られる。 

また「女性研究者への支援」部門では、育児のために研究の継続が困難となっている、もしくは育児を行いながら研究を続けている女性研究者に対し助成金を支給する「スミセイ女性研究者奨励賞」を10人程度決定。選出された女性研究者には、年間100万円を上限として2年間まで助成金が支給される。

(神野恵美)