リビングや寝室に設置しやすいコンパクト設計(写真は、「FE‐KXK05」)

写真拡大

パナソニックは、DCモーター採用で最適な湿度までの到達時間を従来機と比べて約26%短縮する「お急ぎモード」を搭載した加湿機「FE‐KXK05」と「FE‐KXK07」の2機種を、2014年9月1日に発売した。

DCモーターで小径ファンを高速回転させる「お急ぎモード」で、加湿量をアップし最適な湿度までの到達時間を約26%短縮。さらにリビングや寝室に設置しやすい「コンパクト設計」で、ファンの小型化によって従来機に比べて奥行の寸法を約19%カット。これにより、本体背面を壁にピッタリ付けて置ける薄型ボディを実現した。

少ない電力で大きな出力を得られるDCモーターの特性を活かし、消費電力を従来機と比べて約38%削減し、独自の静音化技術で運転音を低減した。

いずれも、オープン価格。