<ドイツ銀行選手権 最終日◇1日◇TPCボストン(7,216ヤード・パー71)>
 フェデックスカッププレーオフシリーズ第2戦「ドイツ銀行選手権」の最終日。首位と2打差の3位タイから出たクリス・カーク(米国)が5バーディ・ノーボギーの“66”をマーク。スコアを5つ伸ばしトータル15アンダーで逆転優勝。今季2勝目を挙げた。
「ドイツ銀行選手権」のリーダーズボード
 カークは前半で3つスコアを伸ばすと、後半も13番でバーディが先行。終盤の16番パー3でもスコアを伸ばし、他の選手を振り切った。この勝利でフェデックスポイント2,500点を獲得、ポイントランキングは前週の17位から一躍首位に浮上した。
 2打差の2位タイにはビリー・ホーシェル(米国)、ジェフ・オギルビー(オーストラリア)、ラッセル・ヘンリー(米国)の3選手が入った。3打差の3位タイから逆転を狙った世界ランクNo.1のローリー・マキロイ(北アイルランド)はこの日は“70”でラウンド。スコアを1つ伸ばすにとどまり、トータル11アンダー5位タイで競技を終えた。なお、マキロイはポイントランク2位をキープ、年間王者に向け好位置を維持している。
 松山英樹は後半にスコアを落とし、この日はトータルイーブンパー57位タイでフィニッシュ。ポイントランキングでは30位、最終戦の「ツアー選手権」に出場できるかは次戦の「BMW選手権」の結果次第となっている。
 この試合で予選落ちを喫した石川遼はポイントランク72位に。70位以内が出場できる第3戦に駒を進めることはできなかった。
【最終結果】
優勝:クリス・カーク(-15)
2位T:ラッセル・ヘンリー(-13)
2位T:ビリー・ホーシェル(-13)
2位T:ジェフ・オギルビー(-13)
5位T:ローリー・マキロイ(-11)
5位T:ジョン・センデン(-11)
7位T:ジェイソン・デイ(-10)
7位T:マーティン・カイマー(-10)
57位T:松山英樹(E)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
【Gボイス】ローリー・マキロイの強さの秘密ってなんだと思う?
最新のゴルフギア情報と試打レポート!
「美ゴ女」に本家“美魔女”が登場!?