働く女子に聞いた! 結婚相手に求める理想の年収⇒「400万円以上〜600万円未満 48.9%」

写真拡大

あればあるに越したことはありませんが、お金持ちにはお金持ちの生活があり、それを自分が「快適」だと感じるとは限らない。では、本当の結婚相手に求める「理想の年収」ってどのくらい? 働く女性のみなさんに結婚相手に求める理想の年収を聞いてみました。

Q.結婚相手に求める理想の年収はいくらですか?

「200万円未満」0.6%
「200万円以上〜400万円未満」17.1%
「400万円以上〜600万円未満」48.9%
「600万円以上〜800万円未満」20.4%
「800万円以上〜1000万円未満」6.2%
「1000万円以上」6.8%

■身の丈に合った人がいいから、「200万円以上〜400万円未満」がベスト

・「200万円以上〜400万円未満。自分も子どもが出来るまでは働くつもりだし、合わせて世帯年収500万くらいあればいいかなと思う」(28歳/不動産/事務系専門職)

・「200万円以上〜400万円未満。20代で300万ほどあれば結婚は可能だと思う」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「200万円以上〜400万円未満。あればあったに越したことはないけれど、あまり高収入だと高飛車な人が多そう」(33歳/その他/その他)

自分が結婚後も働く予定なので、結婚相手の年収と合わせ「世帯年収」が人並みなら、多少相手の年収が少なくても構わないという女性もいました。またそのほうが価値観や考え方が似ている、身の丈に合った人が選べるという意見も。

■少しゆとりがほしいから、「400万円以上〜600万円未満」

・「400万円以上〜600万円未満。将来結婚して子どもができたときのことを想定すると、共働きできない時期もあるのでこれくらいはあったほうがいいと思う」(31歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「400万円以上〜600万円未満。少し贅沢な暮らしができる位がいいです。自分が一生懸命働かなくてよい位の年収がいいです」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「400万円以上〜600万円未満。自分も働くとしてもパートだろうし、そのぐらいあれば安心かなと思う」(32歳/医療・福祉/専門職)

ただし2人で1人前の年収だと、どちらかに何かが起こったときに家庭内危機に陥ることも。そんな急場をしのぐために、多少の年収は稼いでいてほしいと考える女性もいました。何事も、多少のゆとりは大事です。

■プラスαがほしいから、「600万円以上〜800万円未満」

・「600万円以上〜800万円未満。安心して自分の年収を投資用物件の購入費用に回せる」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「600万円以上〜800万円未満。子どもが3人ほしいから、子どもを育てる+自分たちもそれなりの生活をするとなるとお金はあったほうがいいかな」(29歳/通信/秘書・アシスタント職)

・「600万円以上〜800万円未満。自分と合わせて、貯金したいから」(23歳/自動車関連/事務系専門職)

家庭を切り盛りするだけでなく、自分の安心や夢のために必要な「プラスα」を求めている方は、年収が高めの人を希望しているよう。確かに子ども3人作るとなれば、大きな財布を持っている人を選んだほうが安心して子育てできそう!?

■夢は高く! 「800万円以上〜」「1,000万円以上」

・「800万円以上〜1,000万円未満。将来のことを考えると、年金などではあてにならないため、ある程度たくわえがある人がいいと思うから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「800万円以上〜1,000万円未満。子どものしたいことを無理なくさせてあげられると思うので」(25歳/その他/営業職)

・「1,000万円以上。これくらいあれば少しは余裕な生活ができるし、マイホームを買うこともできる」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

リッチで安心な生活を送るためには、年収はあるに越したことはありません。1,000万円台を超す年収を、結婚相手に求めている女性もいるようでした。あくまで理想ですけれど……。

今時の女性が結婚相手にもとめる理想の年収は、平均的なサラリーマンの年収よりも「ちょいリッチ」ながら「お金持ちすぎない」くらいが多いようです。無理せずゆとりがある生活が送れたら、最高ですよね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数176件(22歳〜34歳の働く女性)