能年玲奈 母が何度も劇場へ「親バカですね」

写真拡大

 8月31日、映画『ホットロード』の大ヒット御礼舞台あいさつが都内にて行われ、主演で女優の能年玲奈(21)、三代目J Soul Brothersの登坂広臣(27)が登場した。

 14歳の不良少女・和希役を演じた能年。母が原作の大ファンだったことを明かすと、「『イメージと全然違う』と言われましたが、見てくれて『すごく良かったよ』と言ってくれたのでちょっと安心しました」と笑顔。「何度も劇場に足を運んでいるみたいです。親バカですね」と語った。
 
 三木孝浩監督(40)は、「原作を知らない今の子たちに伝えたい思いがあって映画化した。公開前は心配だったが、10代の観客が素直に共感してくれて、このタイミングで作って良かったと思う」と、感無量の様子をみせた。

(撮影/鈴木鍵一)