夫婦を殺害した罪に問われている被告が裁判で「極刑」望み土下座も殺意は否定

ざっくり言うと

  • ファンドマネジャー夫婦の殺害事件の裁判で1日、被告人尋問が行われた
  • 被告は「極刑を望んでいる」と述べ、被害者遺族に対し土下座して謝罪
  • 一方で殺意はなかったとして、死刑にならない傷害致死罪であると主張

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング