写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女性同士の壮絶な闘いが繰り広げられることで話題を呼んだ、沢尻エリカ主演ドラマ『ファースト・クラス』。同ドラマは、フジテレビドラマ史上最速(終了から4カ月)で続編の放送が決定している(10月期・水曜22時枠)。

ドラマの中では恐ろしい"マウンティング=格付け"が描かれていたが、それらは現実にあるものなのだろうか。女性同士の「マウンティング」を見聞きしたことがあるというマイナビニュース会員100人にその内容を聞いてみた。

Q.あなたが見聞きした女性同士の「マウンティング」はどんなものでしたか?

■私のほうがモテてる

・「同じセクションの男性受け度合い等」(23歳女性/東京都/専門サービス/事務系専門職)・「恋愛の話」(39歳男性/京都府/金属・鉄鋼・化学/技術職)・「合コンでモテていてメールがうざいアピールをしていた」(28歳男性/埼玉県/建設・土木/事務系専門職)・「男と別れた人数を競って自分の方がよくモテているんだという自慢」(32歳男性/埼玉県/機械・精密機器/技術職)・「何人から告白されたか」(33歳女性/東京都/金融・証券/事務系専門職)・「自分の方がモテるとマウンティングしてた」(26歳女性/群馬県/学校・教育関連/専門職)・「どっちが美人でモテるかをかなり婉曲的な言い方で主張してたような?」(37歳女性/埼玉県/情報・IT/事務系専門職)

■私のパートナーのほうが上

・「旦那さんの写真見せて〜。わー、ゆるキャラみたいで癒やされそう!」(63歳男性/愛知県/不動産/経営・コンサルタント系)・「無難な彼氏いていいよね、私なんて高学歴でイケメンで大手に勤めている人とデートしてるだけだし私はあなたみたいにブサメンとつきあうことはできない価値ある女といわれている」(25歳女性/愛知県/電機/事務系専門職)・「サラッと自分の彼氏の自慢をしていた」(32歳男性/兵庫県/小売店/販売職・サービス系)・「彼氏の顔面偏差値」(26歳女性/神奈川県/建設・土木/事務系専門職)・「自分の付き合っている相手の容姿の良さやステータスについて張り合っていました」(30歳女性/岡山県/小売店/秘書・アシスタント職)・「お互いの彼氏の良さアピール合戦をしてた」(32歳男性/埼玉県/機械・精密機器/技術職)・「既婚か未婚か、彼氏・旦那の職業、容姿などで格付けしていた」(28歳女性/奈良県/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「夫の社会的地位をめぐって言い争いというか自慢のしあいをしていた」(31歳女性/東京都/専門サービス/事務系専門職)・「夫自慢! 自分の自慢にならない……」(40歳女性/兵庫県/不動産/事務系専門職)

■私の子どものほうが優れている

・「奥さんのママ友で、奥さんに対し、中学受験した同学年の子供をだしに、うちの子の学校はレベルが高いから大変なの、とやたら大変自慢されたそうだ」(54歳男性/神奈川県/電機/技術職)・「親御さんたちの、子供の学歴で上下が決まるやつ……なんでそんな大きくなれるのか謎」(28歳女性/東京都/その他)

■私のほうがレベルが上

・「『独り身だと思いっきり遊べて良いね。私なんて彼がうるさくておちおち遊べないよ』といった感じの会話」(42歳男性/東京都/機械・精密機器/技術職)・「彼氏の悪口を彼氏のいない子にする。一見愚痴だけど自慢?」(24歳女性/奈良県/電機/事務系専門職)・「自分がいかにリア充かを相手を見下しながら延々話していた」(25歳男性/新潟県/農林・水産/技術職)・「子供できた、できない」(36歳女性/大阪府/学校・教育関連/専門職)・「未婚の40代女性に対して、子供は産んだ方が良いよと言う女性です」(31歳女性/広島県/ソフトウェア/事務系専門職)・「ママ友の間で、生活レベルを調査しあってた。怖かったので、関わらないようにした」(26歳女性/大阪府/金融・証券/秘書・アシスタント職)・「家のローンが大変で。。子供の教育資金が大変で。。と独身の友達に言っている友人A、私は自由だわ〜と友人B」(29歳女性/大阪府/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■私のほうがスタイル・顔がいい

・「背が小さくていいなといいつつ、自分の方が長身でスタイルが良いとマウンティングされた」(27歳女性/神奈川県/機械・精密機器/技術職)・「私胸が大きいから肩凝るんだよねぇと、胸の小さい女に話してた。あからさまだよね」(36歳男性/埼玉県/金属・鉄鋼・化学/技術職)・「飲み会にて、『○○は私よりも子供っぽくて色気もない。私のほうが見た目は断然上』という話に誰も突っ込みを入れなかったです」(41歳男性/千葉県/電機/技術職)・「胸がGカップもあって邪魔だとAカップしかない人に愚痴を言っていた」(36歳女性/東京都/その他/事務系専門職)・「胸の大きな友人が太って見えるからうらやましい〜と胸の小さな女性にいっていたが実際いつも胸を強調する服を着ている」(31歳女性/京都府/情報・IT/技術職)

■私のファッションのほうがいけてる

・「ファッションセンスの張り合いなど」(28歳女性/東京都/建設・土木/事務系専門職)・「一人の女性がバックを新調したらほかの同僚の女性も新調した」(32歳男性/愛知県/機械・精密機器/技術職)・「バッグのブランドなどによるマウンティング」(26歳女性/愛知県/その他)

■その他

・「いい方の自慢ではなく、不幸自慢をする女性がいる。話を聞いているだけで暗い気持ちになる」(31歳男性/静岡県/小売店/事務系専門職)・「私と先輩、職場で2人だけの女性だったけれど、服装から何からイチイチうるさく言われた」(24歳女性/大阪府/情報・IT/技術職)・「お互いにいやになるほど褒めあっているいるがうわべだけが見えている」(62歳男性/東京都/建設・土木/技術職)・「結構見えない競争をしていた」(23歳女性/東京都/情報・IT/販売職・サービス系)・「お互いを褒めながらけん制していた」(38歳男性/埼玉県/情報・IT/技術職)・「自分のほうが上という感じを出してくる。オーラが醸し出されている」(49歳女性/大阪府/学校・教育関連/専門職)・「自分のほうが上とアピールする」(29歳男性/和歌山県/食品・飲料/販売職・サービス系)・「自分の自慢話の言い合いで話が全くかみ合っていない。ある意味すごかった」(31歳女性/千葉県/不動産/事務系専門職)・「いちいちライバル意識してくる」(26歳女性/広島県/情報・IT/事務系専門職)・「お互いの言われたくないことを言い合っていた」(35歳男性/埼玉県/運輸・倉庫/その他)・「表面上だけニコニコしながら威嚇攻撃、こわい!」(32歳女性/千葉県/電力・ガス・石油/技術職)

目撃情報が多数挙がっていたのは「私のほうがモテる」「私の彼氏・夫のほうが上」といったマウンティング。彼氏がいる・いない、結婚している・していない、子どもがいる・いない、といった違いをもとに上位に立とうとする人もいるようだ。また、見た目について多かったのは胸の大きさに関するものだった。

「独り身だと思いっきり遊べて良いね」「旦那さんの写真見せて〜。わー、ゆるキャラみたいで癒やされそう!」「無難な彼氏いていいよね」「背が小さくていいな」「私胸が大きいから肩凝るんだよねぇ」などの遠まわしなマウンティングを行う上級者も目撃されている。これはストレートに言われるより堪えそう……。

マウンティングしている様子を案外まわりは見ているもの。基本的にはあまりよい印象を与えていないようなので、自覚がある場合はやめておいたほうがよさそうだ。

調査時期: 2014年8月21日〜22日調査対象: マイナビニュース会員調査数: マイナビニュース会員100名(男性50名、女性50名)調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません