2014年9月1日、中国インターネット協会が、2014年の中国インターネット企業ランキングを発表した。
 ランキングは、2013年の業績、運営サイトの利用者数と速度や、技術力・社会影響力などから算出されているとのこと。

 今回ランキングの第1位には、ポータルサイト運営企業、騰訊(テンセント)が選出されている。
 第2位は、電子商取引企業、阿里巴巴(アリババ)。第3位はポータルサイト、百度(バイドゥ)。第4位は電子商取引企業、京東商城(JD.com)。第5位はポータルサイト、捜狐(SOHU)となっている。

(China Press 2014:IT)