写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電通は9月1日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と連携し、8月31日に完成機体が公開された「はやぶさ2」の応援キャンペーンを実施すると発表した。

同社はJAXAと協力し、2014年度冬に予定されている「はやぶさ2」の打ち上げから1年間にわたり、さまざまなキャンペーンを実施する。まずは、「はやぶさ2」を応援するオフィシャルサポーター企業を各業種から募り、「はやぶさ2」のプロモーション活動を全面的にサポートしていく。

この活動を円滑に行っていくため、同社はすでに「『はやぶさ2』応援キャンペーン実行委員会」を設立。オフィシャルサポーターには応援キャンペーン参加企業としてさまざまな権利が付与され、その権利を活用したキャンペーンの実施が可能となるという。

なお、各オフィシャルサポーターからの協賛金は「はやぶさ2」のプロモーション活動費および実行委員会の運営費に充当されるとのこと。