スマートシティが解決するエネルギー、雇用、経済:伊プロジェクト「リーフ・コミュニティ」

写真拡大

マルケ州のアンジェリ・ディ・ロゾーラで、ロッチョーニ・グループがグリーン建築の最も先進的なプロトタイプをつくり上げた。

「スマートシティが解決するエネルギー、雇用、経済:伊プロジェクト「リーフ・コミュニティ」」の写真・リンク付きの記事はこちら

8月10日、イタリア・アンジェリ・ディ・ロゾーラで「未来の2km(2km di futuro)」という名のプロジェクトが発表された。

この半官半民のプロジェクトの名称は、運用が実施されるエジーノ川の2kmの地域に由来する。そしてプロジェクトにおいて中心的な役割を果たすのが、測定・制御システムのリーダー的企業、Loccioni(ロッチョーニ)だ。

2008年、ロッチョーニは「リーフ・コミュニティ(Leaf Community)」を創設した。イタリアで最初の、完全にエコ・サステイナブルな(環境持続可能性のある)コミュニティだ。

“オープン・ラボラトリー”と呼ぶべきこのコミュニティでは、人々はCO2排出ゼロの家で暮らし、エコ・サステイナブルな交通手段で移動して、子どもを太陽光エネルギーを備えた学校に通わせ、再生可能エネルギーにより電力を供給される環境共生型の建物で働く。

この6年の間に、このモデル事業には、ENEL(イタリアの電力会社)、日産、サムスンSDI、ヴェネト銀行のような最高水準のパートナーが参加した。それぞれが、自らの最も得意とするものを提供した。ENELの充電インフラ、日産の電気自動車、サムスンSDIの蓄電システム、ロッチョーニのエネルギーフロー管理などだ。

プロジェクトの推進エンジンが、「リーフ・ラボ(Leaf Lab)」だ。エネルギーフローを管理することできる最初のA+クラスの結合型産業建築である。マイクログリッドを動かす頭脳で、建物間のエネルギーの蓄積と分配を行う、P2Pのエネルギー・ネットワークのモデルとなっている。ロッチョーニが開発したシステム「マイリーフ(MyLeaf)」により、太陽光発電とマイクロ水力発電から生まれる電力の消費と生産を推測して、蓄電と消費の制御を最適化して、コストを最小化することができる。

「『未来の2km』によって、わたしたちは、エネルギー節約と快適さの向上のバランスを取ることが可能であることを証明しようとしています。わたしたちが実現したマイクログリッドは、新しいかたちの“分益小作農法”だと考えられます」と、ロッチョーニ・グループの代表、エンリーコ・ロッチョーニは語る。「このプロジェクトでは、自然由来のリソースを十分に活用します。同時に、コミュニティの状況を改善し、公共善に取り組んでいます」。

現在「未来の2km」での使用エネルギーの自給自足は、55%にとどまっている(とはいえ、初期は22%だった)。しかし、この6年間の成果が確かにあるということは、220人の若者の雇用、世界中からの36,000人の訪問者、1,300万ユーロの地域への投資、参加している18の機関、プロジェクトから仕事を得た100以上の企業からも明らかだ。

これは、“持続可能な未来”へ向かう動きを、幅広いコラボレーションがいかに促進できるかに関する1つの例だ。環境の観点からだけでなく、雇用や経済的機会の面でも優れた例を示しているのだ。

TAG

Future CityWIRED IT