『劇場版「進撃の巨人」前編〜紅蓮の弓矢〜』メインビジュアル ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

写真拡大

11月22日から全国で公開される劇場版アニメ映画『劇場版「進撃の巨人」前編〜紅蓮の弓矢〜』から予告編が公開された。

【もっと写真を見る】

『劇場版「進撃の巨人」前編〜紅蓮の弓矢〜』は、テレビアニメ版の1話から13話までを新たに編集し、音響を5.1chリマスタリングして映画化した作品。今回公開された予告編では、主題歌がLinked Horizonによる新曲“紅蓮の座標”になることが判明したほか、音楽とエンディングテーマをテレビ版にも参加した澤野弘之が担当することも明らかになった。

『別冊少年マガジン』で連載中の諫山創による漫画『進撃の巨人』は、巨大な城壁内の都市で暮らす人々と巨人たちの戦いや、巨人が存在する世界の謎を描く作品。昨年テレビアニメとして放送されたほか、2015年夏には三浦春馬主演の実写映画版の公開も予定されている。また、11月28日から東京・上野の森美術館で『進撃の巨人展』が開催される。

■Revo(Linked Horizon)のコメント
あの『進撃の巨人』が劇場版になって帰ってくる!? この報せを聞いた時、いちファンとして非常に心躍りました。そして、いちクリエイターとしても魂が奮い立ったことを鮮明に憶えています。リスペクトするこの作品に、また主題歌という形で関わらせて頂くことになったのですが、「チームの一員として、自分はこの作品に何をもたらすことが出来るのか?」という自問自答に、正面から向き合って作ったのが今回の新曲です。アニメ放送が終わってからも、進撃が灯した焔は僕の中で燃え続けていました。今もなお燃えています。多くは語りません。思わず走って帰りたくなるような熱い楽曲に仕上がった、とだけ。是非、劇場で楽しんでくださイエェェェガァァァッ!!!