特設ページで公開中の謎のたまご

写真拡大

8月31日(日)に開催された、大ヒットアニメーション映画『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の公開1周年記念イベント「あの花夏祭 in ちちぶ Final」にて、「あの花チームによる、“青春群像劇”第2弾・劇場版完全新作オリジナルアニメーションが2015年に公開予定であることが発表された。

待望の新作は、監督を長井龍雪さん、脚本を岡田麿里さん、キャラクターデザインを田中将賀さんらが務め、『あの花』や『とらドラ!』などのアニメを大ヒットさせてきたスタッフが再結集。

『あの花』と同じく秩父が舞台となり、A-1 Pictures制作のもと、新たな物語が描かれる。9月1日(月)より『劇場版 あの花』の公式Webサイト内には、謎の玉子のイラストとともに本作の特設ページが公開されている。



また3人で作品を作ることになり、嬉しく思います。『あの花』のように、沢山の人に愛される作品を生み出せるよう頑張ります。楽しみにしていて下さい。

監督・長井龍雪さんのコメント



イベントには15,000人ものファンが参加



2011年にフジテレビの深夜アニメ枠・ノイタミナで放送されていたTVアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』。埼玉県・秩父市を舞台に、幼なじみの死という過去を抱える若者たちの人間ドラマが描かれている。

感動を呼ぶ物語性や、エンディングテーマが大ヒット曲「secret base 〜君がくれたもの〜」のカバー曲であったこともあり、幅広い層から支持を得ることとなった。

その人気から、2013年8月31日に前述の劇場版が公開。観客動員数77万人、興行収入10億円突破、興行収入ランキング7週連続でトップ10入りを果たした。

先日開催された公開1周記念イベント「あの花夏祭 in ちちぶ Final」では、15,000人ものファンが参加し、主要キャラクターたちのその後の話や、作品タイトルの命名についてなどの裏話が語られた。

さらには、名曲「secret base〜君がくれたもの〜」をキャストの茅野愛衣さん、戸松遥さん、早見沙織さんの3人から披露され、大盛況に終えたという。