韓国スーパーの抽選イベントで不正、職員2人が景品の高級車4台を横取り―中国メディア

写真拡大

中国・国際在線は29日、「韓国スーパーの抽選イベントで不正、職員2人が景品の高級車4台を横取り」と題した記事を掲載した。

【その他の写真】

29日付の韓国聯合ニュースによると、韓国の大型スーパーマーケット「ホームプラス」で行われた抽選イベントで職員2人が不正を働いた疑いが持たれている。立場を利用して景品の高級車を自分のものにしたとして、警察が現在、職員に対する調査を進めている。

警察によると、ホームプラス保険サービス部門の課長と課員の2人が、2012年5月から昨年6月までに4回行われた顧客向けの抽選イベントで、知り合いを1等当選させ、市場価格1億5000万ウォンのBMWやアウディなどの高級車を手に入れていた。名前を貸した知り合いには謝礼として、100万〜200万ウォンを払っていた。

ソウル江南警察局は29日、この職員2人を逮捕、起訴したほか、名前を貸した知り合いと抽選イベントの協力会社の社員も起訴したと発表した。ホームプラスは今年7月、内部検査の際にこの4人が抽選イベントで不正を働いていた事実を突き止め、警察に通報していた。

(編集翻訳 小豆沢紀子)