いよいよ今週末、8月30日(日本時間8月31日)から、スペインにてワールドカップが始まった。

「え? ワールドカップはとっくに終わったよ」と、思った人もいるかもしれない。これはFIFA(国際サッカー連盟)が主催するサッカーの大会ではなく、FIBA(国際バスケットボール連盟)――つまり、バスケットボールのワールドカップだ。

 この大会は、4年前の前回まで「FIBA世界選手権」と呼ばれていたが、今回から「ワールドカップ」に名称が変更された。次の大会からは、サッカーのワールドカップと開催年をずらして2019年に開かれることや、予選を集中開催方式からホーム&アウェイ方式に変更することなどが決まっている。世界的に人気スポーツのバスケットボールだが、世界大会の盛り上がりはサッカーに遅れを取っているだけに、さらなる盛り上がりを期待してのことだ。今回は新システムに変わる前の最後の大会であり、「ワールドカップ」と名称を変えて最初の大会でもある。

 今大会、出場する国は24ヶ国。開催国のスペインと、ロンドン五輪で優勝したアメリカに加え、各大陸の予選を勝ち上がってきた22ヶ国の計24ヶ国が、4つのグループに6チームずつ分かれ、スペインの4都市(グラナダ、セビリア、ビルバオ、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア)でグループ内総当たり戦を行なう。各グループの上位4チーム、計16チームが決勝トーナメントに進み、トーナメントで4回勝つと優勝するという仕組みだ。トーナメントはマドリッドとバルセロナの2都市で行なわれ、決勝戦は9月14日にマドリッドで開催される。

 優勝候補の筆頭は、2010年の世界選手権トルコ大会、そして2010年の前後2回の五輪(北京・ロンドン)も優勝しているアメリカだ。とはいえ、決して盤石というわけではない。もともと若手中心のメンバー構成だったが、7月下旬からの代表合宿でポール・ジョージ(インディアナ・ペイサーズ/SG)が故障して抜け、その直後にケビン・デュラント(オクラホマシティ・サンダー/SF)も精神的・肉体的疲労を理由に代表辞退したことで、さらに若く、経験の浅いチームとなった。NBAでのMVP受賞経験者は、故障明けのデリック・ローズ(シカゴ・ブルズ/PG)ひとりで、オールスター経験者もわずか6人と、2年前のロンドン五輪と比べると、だいぶスケールダウンしたといえる。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 それでも、アメリカ代表選手の能力はずば抜けている。中でもアンソニー・デイビス(ニューオリンズ・ペリカンズ/PF)は、4年前の世界選手権で活躍したデュラントがその後、NBAでMVPに選ばれるほどブレイクしたように、この大会の経験を踏み台に成長が期待される有望株だ。

 不安材料は、若いチームだけに勢いがあるときは強いが、崩れたときにリーダーとなってチームを立て直せる選手がはっきりしていないこと。国際試合の経験豊かなチームとの試合で、どこまで実力を出せるかがカギとなる。アメリカ代表を率いて9年目――、この間の国際大会成績43勝1敗のマイク・シャシェフスキー・ヘッドコーチの手腕にも注目だ。

 アメリカの対抗馬として、最有力候補は地元スペインだろう。2006年に日本で開催された世界選手権の優勝チームである。北京五輪、ロンドン五輪では決勝でアメリカと対戦し、接戦で敗れているだけに、地元でアメリカを倒して優勝したいところだ(2006年はアメリカが準決勝でギリシャに敗れたため直接対戦で倒していない)。アメリカとの対戦は、両チームが決勝まで勝ち進まない限り実現しないが、可能性は十分にある。

 パウとマークのガソル兄弟(パウ=ブルズ/PF、マーク=メンフィス・グリズリーズ/C)と、サージ・イバカ(サンダー/PF)のビッグマン・トリオは、アメリカにとって最大の脅威となるだろう。また、ガソル兄弟とともにスペインの黄金時代を支えてきたフアン・カルロス・ナバーロ(元グリズリーズ/SG)、次世代を担う存在のリッキー・ルビオ(ミネソタ・ティンバーウルブズ/PG)など、人材は豊富だ。ただ、スペインが戦うグループAは、今大会一番の強豪揃い。決勝トーナメントに入ってからの戦いも、決して楽ではない。その過酷な戦いを勝ち抜いて決勝まで駒を進めることができれば、アメリカを倒すチャンスは大いにある。

 今年のワールドカップは、アメリカとスペインの「二強」を倒せるだけの力をもったチーム、そして魅力ある選手たちが多い。以下、グループ別に注目チームと、注目NBA選手を挙げておこう。

【グループA】
ブラジル/エジプト/フランス/イラン/セルビア/スペイン

「死のグループ」と呼ばれる強豪揃いのグループA。本命のスペインに加えて、フランス、ブラジル、セルビアが首位を狙う。

 フランスは昨年のヨーロッパ選手権を制したチームだ。ただし、リーダーのトニー・パーカー(サンアントニオ・スパーズ/PG)が欠場するのは痛い。ジョアキム・ノア(ブルズ/C)も昨年に続いて不参加。それでも、ユーティリティプレイヤーのボリス・ディアウ(スパーズ)や、成長著しいスモールフォワードのニコラス・バトゥム(ポートランド・トレイルブレイザーズ)など、5人のNBA選手が出場するので侮れない。

 ブラジルはネネ(ワシントン・ウィザーズ/PF)、ティアゴ・スプリッター(スパーズ/C)、アンダーソン・バレジャオ(クリーブランド・キャバリアーズ/C)と、スペインに対抗できるフロントラインに、ポイントガードのリアンドロ・バルボサ(ゴールデンステート・ウォリアーズ)を組み合わせた経験豊かなチームだ。そしてセルビアは、現役NBA選手こそいないものの、かつてサンダーなどでセンターを務めたネナド・クリスティッチや、今年のドラフト1巡目でフェニックス・サンズが指名したシューティングガードのボグダン・ボグダノビッチらが出場する。

【グループB】
アルゼンチン/クロアチア/ギリシャ/フィリピン/プエルトリコ/セネガル

 グループリーグ突破の本命が見当たらないのが、グループBだ。近年のアルゼンチンは長らく「黄金世代の最後」と言われながら世界の舞台で生き残ってきたが、今回、おそらく代表を引退するマヌ・ジノビリ(スパーズ/SG)の欠場が大きな打撃となるだろう。ワールドカップを勝ち進むには、ベテランのパワーフォワード、ルイス・スコラ(ペイサーズ)の活躍が必須である。

 一方、アルゼンチンの対抗馬となりそうなギリシャも、世代交代の真っ只中だ。将来のエース候補、19歳のヤニス・アンテトクンポ(ミルウォーキー・バックス/SF)には注目しておきたい。さらにプエルトリコも、カルロス・アローヨ(元ユタ・ジャズなど)とホセ・バレア(ティンバーウルブズ)のガードコンビと、かつてニューヨーク・ニックスで活躍したレナルド・バークマン(SF)の見せるアグレッシブさは魅力的。また、ブルックリン・ネッツと契約したばかりのボヤン・ボグダノビッチ(SF)が出場するクロアチアや、今大会のために帰化したアンドレイ・ブラッチ(ネッツ/PF)を擁するフィリピンも気になるところだ。

【グループC】
ドミニカ共和国/フィンランド/ニュージーランド/トルコ/ウクライナ/アメリカ

 他チームの主力欠場などによって、優勝候補アメリカにとっては楽に勝ち上がれるグループC。4年前の世界選手権・決勝でアメリカと対戦したトルコが、グループ内では一番の強敵となりそうだ。ただし、トルコはエネス・キャンター(ジャズ/C)とエルサン・イルヤソバ(バックス/SF)が欠場。よって、213センチの長身を誇るオマー・アシック(ペリカンズ/C)がチームを引っ張ることになるだろう。

 ドミニカ共和国は、昨シーズン中に右胸筋完全断裂の故障を負ったアル・ホーフォード(アトランタ・ホークス/C)が欠場するため、ベテランSGのフランシスコ・ガルシア(ヒューストン・ロケッツ)がチームを統率する。また、3年前から元NBAコーチのマイク・フラテロが率いるウクライナからは、元サクラメント・キングスのプー・ジーター(PG)が帰化選手として出場する予定だ。一方、フィンランドの国籍を取得して出場する予定だったドリュー・グッデン(ウィザーズ/PF)は、手続きが間に合わずに断念。さらにニュージーランドも、スティーブン・アダムス(サンダー/C)がNBAの新シーズンに向けて準備するために欠場する。そのため、かつてマイアミ・ヒートでプレイした33歳のカーク・ペニー(PG)がニュージーランドの一員として出場する。

【グループD】
アンゴラ/オーストラリア/韓国/リトアニア/メキシコ/スロベニア

 グループDの本命は、バスケットボールを国技とするリトアニアだ。ヨナス・バランチュナス(トロント・ラプターズ/C)、ドナタス・モティユナス(ロケッツ/PF)を中心に、完成されたバスケットボールが期待できる。

 リトアニアの対抗馬だったオーストラリアは、パトリック・ミルズ(スパーズ/PG)とアンドリュー・ボーガット(ウォリアーズ/C)が出場しないために戦力ダウン。昨シーズン、貴重なバックアッパーとしてスパーズの優勝に貢献したセンターのアロン・ベインズや、今年のドラフトでジャズが5位指名した期待の若手PGダンテ・エクサムが、どれだけチームに貢献できるかに注目が集まる。また、スロベニアからはポイントガードのゴラン・ドラギッチ(サンズ)、メキシコからはセンターとパワーフォワードをこなせるグスタボ・アヨン(前ホークス)がワールドカップに色を添える。

 以上、NBAの舞台で活躍した選手たちが、ワールドカップでは各国を代表して戦う。はたして、どのチームが頂点を掴むのか――。

宮地陽子●文 text by Miyaji Yoko