Edmodo、教師の可能性を広げ、学校を変革するソーシャルネットワーク

写真拡大

ここ12年もの間、米政府は奨励金や統一テストを通じて小・中・高校の改善を目指してきた。一方、それとは異なる方向から学校改善を図っているのが、教育向けSNS「Edmodo」だ。

「Edmodo、教師の可能性を広げ、学校を変革するソーシャルネットワーク」の写真・リンク付きの記事はこちら

教育向けSNS「Edmodo」は小・中・高校をターゲットにしたサーヴィスで、教師の生徒への評価をより容易にするとともに、アドヴァイスのやり取りも活発にするソーシャルネットワークだ。

統一テストや成績評価に教師たちが頭を悩ませているとき、Edmodoではさまざまな教育法を共有される。また、教育向けヴィデオやソフトウェアの作成・共有ができるプラットフォームとして成立しており、生徒の気をそらすFacebook投稿やYouTube動画などへの対策にもなる。

「K-12(注:幼稚園から高校3年)はとにかく変化を受け付けないシステムです。だから、それを崩すにはひたすら順序立ててやっていくしかないのです」と、創設者でありCPOのニック・ボーグは言う。そして、その手法はうまくいっているようだ。

Edmodoは2008年にシカゴ近郊の学生であった元コンピューターアドミニストレーターの2人によって立ち上げられ、その後学生、保護者、教師を含む3500万人までユーザーが増えた。2010年末の1万人、昨年の1500万人から着々と増加しており、現在はアメリカ国内にあるメジャーな100地区の内、91地区を含む6万もの学校や学区が登録している。

何千もの“孤島”

ボーグ氏と共同創設者のジェフ・オハラは、公立学校で使用されているウェブアプリやシステムが教室に何のインパクトももたらさないことに気づき、Edmodoを発案するに至った。

それまでのシステムが抱える問題のひとつとして、学校が主に使用していたシステムが高等教育向けのもので、ついていけない生徒が取り残されてしまうということがあった。小中学生を受けもつ教師は、クラスの理解力に合わせて進度を調整するなどより柔軟なソフトウェアを必要としている。

もうひとつの大きな問題点は、ほとんどの学習用ソフトウェアプログラムや生成されるデータが“孤立”してしまっていることにある。教師は互いに情報共有することもできないし、使用するソフトウェアは使用状況に応じて改善されていくわけでもない。

FacebookやLinkedInなどのSNSは、ユーザー同士を幅広くリンクさせている。しかし、こうしたシステムは学校で理想とするようなプライバシーを提供できなかったため、子どもたちの使用は禁止された。そして、ボーグ氏がEdmodoを立ち上げるに至ったのには、YouTubeやFacebookなど多くのソーシャルサイトへのアクセスを禁止し続けた背景がある。

「データやテクノロジーが教室にもたらす力や変化の偉大さに、みな気づいていないはずもない。なのに、何千もの“孤島”に分断されてしまったんですよ」とボーグ氏。「結局、教師の(取り締まるための)仕事を増やしただけったんです」。

ボーグ氏とオハラ氏は日夜を問わず、ときにはオハラ氏宅の地下でEdmodoの作業を行ってきた。彼らのゴールは、シンプルで分かり易く、教師と生徒を友達同士がFacebookで繋がるかのように教室内でリンクさせることだった。

2人は2008年終わり頃に教育用テクノロジーの早期利用者に向けてEdmodoの立ち上げをツイートして知らせた。開始後最初の1年は、ひたすらユーザーである教師達からのフィードバックを求めて国中を駆け回りあっという間に過ぎ去っていった。このツールがより知られるようになった2009年にボーグ氏とオハラ氏はそれぞれの仕事を辞め、ピアソンVUEが率いる教育ファンディング、ラーンキャピタルから投資を得る。その翌年、2人はシリコンバレーへ移住することになる。

TAG

EducationSNSWIRED US

アイデアの共有

ウェブ上だけでなく、iPhoneやiPad、アンドロイド端末から利用できるEdmodoは、教師と生徒間のみならず、保護者をもつなげるソーシャルネットワークに成長した。教師はこのシステムを通じて生徒に課題を与え、成果物を通信で受け取ることができる。また、役立つクイズを作成したり、動画などの教育的コンテンツを共有したりすることも可能だ。生徒はクラスメイトたちとのグループや、教師との間で非直接的に会話する。保護者もアカウント登録すれば生徒の成果を見たり、逆につまずいている箇所を確認できる。我が子の担任から動画メッセージを受け取る仕様もついている。

ネットワークが拡大していくにつれEdmodoは元オラクルのエンジニアであるクリスタル・ハッターとeBay創設者のピエール・オミダイアが経営するオミダイアネットワークのインベストメントマネジャーを引き入れた。当初はCOOとして、そしてCEOとして、ハッター氏はEdomodoに根付く理念を変化のない現状の教育システムと調和させようとしてきた。彼女が関わってからが学校や地区管理者が簡単なアカウント管理やサービスの使用を追跡できるツールがEdmodoに追加された。

同時に彼らは、教師がお互いにコミュニケーションを取れるよう図ってきた。一対一や教師限定のグループとして特定の科目別に分けてつながることができ、さらにここ3年間、Edmodoはライブ動画を用いて世界中の教師を集めて年次会議を開催している。「もしわたしが3年生の担任を受け持っていたとしたら」。ハッター氏は言う。「学校あるいは地区にいる、3年生を受け持つすべての教師とオンラインで繋がりたいですし、アイデアを共有して教室で即実行できるメソッドを探したいと思うでしょう」。

教科書の改善

教師同士を繋げるこのネットワークの結果として、Edmodo上にある教育用資料が爆発的人気を得ている点が挙げられるだろう。

フロリダ州ボルシアカウンティの5年生担任、ロバート・ミラーは、混合前の化学製品や化学反応の最中の様子をとらえた人気動画を作成し、次の動画配信まで生徒に反応の予測をさせている。与えられた化学の謎を解き明かそうと、ネット上で生徒が熱心に議論していることが、教師にとってもウケているようだ。「生徒たちの純粋な熱意を感じられますよ」とハッター氏。同様に、このサイトは教育アプリの中枢となっている。現在おおよそ600あまりのアプリケーションがこのプログラミングインタフェースを使用している。

Edmodoはいま、初の報酬獲得型ツール「Snapshot」を立ち上げようとしている。これは教師自身の生徒が共通基礎スタンダードと比較した際の進度を手っ取り早く測るクイズで、数学及び英語に対応したものが2014〜2015学年度にデビューする予定だ。またスタンダードをもとに生徒の成績を改善させるコンテンツやリソースも推奨してくれる。Snapshotは教師であれば無料で利用できるが、学校や地区層のプレミアムツールを提供することも視野にいれている。

このサイトの目的は、使用を重ねて何が成功し、何が失敗しているか把握できるようにしていくところにある。

「数年に一度教科書を購入していますが、実際に使われているか分からないんです。効果があるかも分かりません。どこが効果的なのかも、見えないんですよ」とボーグ氏は語る。

「われわれはいまや、特定の経験や生徒を見て特定の学習タイプを理解していけるような世界に移ろうとしています。それに、教師に可能性を与えてることがより良い結果に繋がっていくのだと証明できます」

TAG

EducationSNSWIRED US