お台場にある東京ビッグサイトへの唯一の大量輸送機関「りんかい線」をJR東日本が買収する方向で東京都と調整に入っていると報じられた。りんかい線は、東京都が90%以上の株を保有する第3セクターである、このニュースを目にした人たち、なかでもコミックマーケットのためビッグサイトを訪れた人たちから「料金下がるのかな」「駅員のサービスが良くなるといいな」「乗り換えが楽になりそう」と期待の声があがっている。

「JR東日本によるりんかい線買収が行われたら、東京の西側からお台場への鉄道アクセスは格段に良くなるでしょう。ただ、運賃は期待するほど下がらないのではないでしょうか」と『鉄道王たちの近現代史』をはじめ鉄道や都市計画などの著作があるライターの小川裕夫さんは、彼らの期待がかなえられるのは半分程度ではないかとみている。

「すぐに実現しそうなのは、新宿での折り返し運転が多い埼京線とりんかい線の相互直通が増えて利便性が上がることですね。羽田空港とまっすぐつながれば、空港から東京ディズニーランドへも行きやすくなります。運賃については、品川シーサイド駅と羽田空港を結ぶために新規のトンネル工事が必要なので、建設費を考えるとすぐに下げるのは難しいと思います」

 りんかい線買収へ向けて話し合いが始まっていると報じられる3日前、JR東日本は都心と羽田空港を結ぶ「羽田アクセス新構想」を発表していた。2020年の東京五輪開催には間に合わないが、予想を上回る羽田空港の利用者増に応えてゆくための計画で総事業費は3200億円を見込んでいる。

「そもそも浜松町と羽田空港を結ぶ東京モノレールはJR東日本のグループ会社です。ですから羽田空港とのアクセスは会社としてはすでにあります。しかし車両が小さいため、京急とあわせても旅客輸送の増加に対応できず、他社の空港バスが補っているのが現状です。

 先日、国土交通省は羽田空港を発着する航空機の制限を緩和し低空飛行の許可を検討する有識者会議を立ち上げました。これが認められれば、航空機の発着枠が増えます。さらに政府がビザ緩和などで訪日外国人観光客の誘致をすすめていることを考えると、今のままでは限界を超えるのは確実です。そのために新しく大量輸送が可能な鉄道を開通させることが期待され、JR東日本としては、逃している羽田空港からのお客さんを取り込む狙いがあります」(前出・小川さん)

 ただし、りんかい線買収はそう簡単ではないという見方も根強い。1996年の開業以来赤字続きだったのが2012年度から黒字に転換したものの、累積債務は500億円を超えたままだからだ。

「『羽田アクセス新構想』は都市計画に関わるので、行政やデベロッパーなどと連携をとり、費用、規制や調整など多方面からの協力が必要です。舛添要一都知事は羽田空港を強力化したいので基本的な考え方は合いますが、具体的な事業となると違いが出ます。まずは新構想に対する出方を見るため、普通なら負債の大きさにしり込みするりんかい線買収の話を観測気球として漏らしたのではないか。現実的にはモノレール強化を先に手がけるでしょう。

 東京の都市計画は、予想外のことばかり起き続けた歴史の積み重ねです。お台場にフジテレビが移転して商業施設が増え、羽田空港に新滑走路を建設できる技術が開発されるとはどんな専門家も想定していなかった。これからも、外国からの観光客が増える2020年へ向けて予想外のことが起きるでしょう」(前出・小川さん)

 コミケ参加者からサービスの評判が悪いりんかい線だが、埼京線や京葉線への直通運転が増え、羽田空港からの利用者が増えれば、嫌でも変化があらわれるだろう。訪日外国人観光客が激増するのが確実な東京五輪開催の2020年には、JR東日本に買収されてもされなくてもホスピタリティ向上は現実になっていると期待したい。