当てはまったらヤバイ!? 「貯められない女子」がしてしまう3つの行動

写真拡大

あなたは、貯金が得意ですか、それとも苦手ですか? もし見栄を張って「得意」と答えたとしても、普段からこんな行動を取っているなら、あなたの嘘はバレバレかも……。今回は、そんな「貯められない女子」がしてしまう、3つの行動をご紹介します。

■買い物では即決しやすい

・「ほしいものがあるとすぐ買ってしまう」(29歳/その他/その他)

・「すぐに無駄遣いしちゃう。何とかなると思って使っちゃう」(30歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「すぐカード払いにしてしまう」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

一度ほしいと思ったモノは、迷わずすぐに買ってしまう。そんな「即決型」の買い物パターンは、「貯められない女子」の大きな特徴のひとつ。これがエスカレートすると、あるだけお金を全部使い切ってしまったり、カードの請求額に青ざめたりする未来が待っています。

■ちょっとした出費を頻繁にする

・「ついついおかしを買ってしまう」(25歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「仕事帰りにコンビニに寄る。ちょっとした出費が苦しめているように思う」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「マッサージに行ったり、女子会をしたり、ちょこちょこ使う」(29歳/医療・福祉/専門職)

一つひとつの買い物は小さな額でも、その頻度が高いと、お財布からどんどんお金が逃げて行きます。特にコンビニにしょっちゅう入るクセがある人は、気づかずに散財しているケースが多いので、要注意です。

■一定額貯まったところで、すぐ使い切ってしまう

・「普段は節約するけど、ご褒美といって散財してしまう」(33歳/その他/その他)

・「一定額を貯めると、旅行や自己投資に使ってしまう」(25歳/医療機器/営業職)

・「旅行好きなので貯めたお金をすぐ旅行に使ってしまう」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

「貯められない女子」の中には、実は節約や貯金自体に苦手意識がないタイプもいます。一定額を貯めると、そこでドンッと使い切ってしまう人たちです。ただ、「がんばれば貯められる」という自信がある分、余計に厄介だったりして……。

上記を読んで、内心ドキッとした人も、意外と多かったりして? 「今」を楽しむことも大切ですが、残念な「貯められない女子」にならないように気をつけましょうね!

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数263件(22歳〜34歳の働く女性)