高校軟式野球で繰り広げられる死闘…延長45回突入で両監督が苦悩を吐露

ざっくり言うと

  • 夏の高校軟式野球準決勝で、中京と崇徳の試合に決着がつかない
  • 両校のエースとも投球が計600球を超え、肩と肘は限界に近づいている
  • 崇徳の中河監督も「正直代えてやりたい」と、苦悩を隠せない現状

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング