毎月分配型100本の最新データを大公開。 隠れた利回り悪化に気をつけろ!

写真拡大

ダイヤモンド・ザイでは半年に一度毎月分配型ファンドの利回りをチェック。半年前は利回り低下が顕著だったが、今回は利回りが回復したファンドとさらに低下したファンドに二極化! 利回りの変化や健全度をチェック! 

トップ3は株式型が独占、ハイ・イールド債が回復!
1位は資源ファンド、利回りは27%超に!

 14年6月末時点の「1年の本当の利回り」でランキングした上位15本をここで紹介。半年前時点とはほぼ同じ利回り水準をキープしているものの、上位の顔ぶれは、かなり入れ替わっている。

 半年前に1位だった楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)は、11位に陥落。1位は、世界の資源株に投資する資源ファンド(株式と通貨)レアルとなり、2位も米国株をベースとした絶対収益型、3位も高配当株型と、上位3本は株式型が独占する形となった。

 4位のDWS欧州ハイ・イールド債券(レアル)は、半年前時点も利回りが21.1%で3位だったが、今回もほぼ同じ利回りをキープしている。

 全体的に、リート型が順位を落とす一方で、株式型と同様にハイ・イールド債券型の順位が浮上しているのも今回の特徴だ。半年前では、上位に1本も入らなかった新興国債券型も、今回はランクイン。9位に入ったエマージング・ボンド・ファンド・ブラジルレアルは、半年前に4.7%まで落ち込んだ利回りが今回は17.6%へと急回復している。
 
 しかし、総じて高利回りをキープしているものの、多くのファンドの基準価額が1年前と比べて下落しており、分配の健全度については、注意を払う必要がある。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)