2ラウンドで10個スコアを伸ばした宮里優作(撮影:ALBA)

写真拡大

<アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント 3日目◇30日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,150ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」の3日目。この日は前日サスペンデッドとなった第2ラウンドの残りと第3ラウンドが実施されたが、好天にも恵まれて全選手が無事にホールアウト。そんな中、初日91位タイの出遅れから大きく順位を上げてきたのが宮里優作だ。

 宮里はサスペンデッドとなった2日目に14番ホールまでを消化。この時点でスコアを4つ伸ばすことに成功し、トータル2アンダーと予選通過圏内に入っていた。そんな中、この日は早朝から残りの競技をスタートさせると、16番ホールでバーディを奪取。最終18番ではティショットを左に曲げてあわやOBというピンチを招いたが、これを落ち着いてパーセーブすると、トータル3アンダー33位タイで無事予選通過を果たした。
 続けて行われた第3ラウンドではインコース“裏街道”からスタートした宮里。11番でボギーを先行させたが、13番パー5ではイーグルを奪うなど前半は2アンダー“34”。さらにバックナインに入り、1番で4メートル、2番で6メートルを立て続けに沈めて連続バーディを奪うと、チャンスホール6番パー5ではセカンドショットをグリーン手前ラフまで運んで楽々バーディ。第2ラウンドに続いて“67”の好スコアをマークした宮里はトータル8アンダー5位タイまで順位を押し上げた。
 「(今年は)開幕だけなんですよね」。今季の宮里は国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」で初日55位タイから巻き返す劇的な逆転優勝を達成。初優勝を挙げた「ゴルフ日本シリーズJTカップ」から続く国内2連勝は宮里時代の到来を予感させたが、その後は4度の予選落ちを喫するなど思うような結果は残せず、賞金ランキングも5位まで後退している。
 そんな中で迎えた今大会も状態は決して良くなかった。特にドライバーのタイミングが合わず、大きく出遅れた初日のフェアウェイキープ率は28.57%に止まった。しかし、「トップの位置が高くなりすぎてバックスイングの上げ方がドライバーだけずれてしまっていました。半インチ短く持って振ったら良くなりましたね」と修正点に気づいた宮里は尻上がりに復調。この日のラウンドでは85.71%という高いフェアウェイキープ率を武器に安定したプレーを披露した。
 「やることはやりましたよ」と満足感を滲ませた宮里。宮里がホールアウトした時点ではまだ多くの選手がプレー中だったが、終盤に風が強さを増した影響で単独首位のキム・ヒョンソン(韓国)もスコアを1つ伸ばすに止まり、その差は3打まで詰まった。「優勝争いをすることが第一条件だと思いますので、精一杯やりますよ」。開幕戦で見せた大逆転優勝の再現なるか。最終日の宮里のプレーに注目だ
<ゴルフ情報ALBA.Net>