米の画家・William Utermohlenさんが「描き方を忘れるまで」の5年間

ざっくり言うと

  • 認知症になった米国の画家が、病の進行過程で描いた自画像を紹介している
  • 自画像は徐々にディティールが消え去り、抽象的になっていく
  • 発症5年後の2000年に描けなくなり、2007年に74歳で亡くなった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング