写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ファミリーマートとイズミヤは29日、大阪府大阪市にコンビニエンスストアとスーパーマーケットの双方の機能を兼ね備えた一体型店舗「ファミリーマート×イズミヤ東三国四丁目店」を開店した。

○働く女性の需要に合わせ品ぞろえを充実

同店は、"庭のキッチン"をコンセプトに、コンビニエンスストアならではの利便性や商品力(中食などの商品やサービス)と、スーパーマーケットの強みである"出来立て惣菜"、生鮮食品、日配品、加工食品などの品ぞろえを一体化させた店舗。

青果・肉・魚などの生鮮食品は、小世帯向けの小容量パックの品ぞろえを拡大するとともに、出来立てのフライヤー惣菜の提供を強化すべく店内に小型厨房を設置。また、店舗周辺にオフィスやマンションなどが位置しており、働く女性の来店も多く見込まれることから、冷凍食品売り場においてはおかず惣菜を、酒売り場においてはワインを充実させるとともに、デザート売り場においては手作りデザートを中心に品ぞろえを充実させた。

場所は大阪市淀川区東三国4丁目18-6。Wi-Fiを導入したイートインスペースも15席設置する予定。

(エボル)