軟式野球 延長45回で決着つかず

ざっくり言うと

  • 夏の高校軟式野球の準決勝で30日、中京と崇徳が再試合に臨んだ
  • 0−0のまま延長45回でも決着がつかず、3日連続でサスペンデッドゲームに
  • 両校とも3年の投手が45回を1人で投げ抜き、31日は46回から始まる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング