少年事件の議決で未成年者の名前を記載 京都地裁などが謝罪

ざっくり言うと

  • 京都第2検察審査会で未成年容疑者の実名が公表されていたことが分かった
  • 事務局は誤って未成年者の名前を記載した議決書を地裁の掲示板に掲示
  • 少年法の趣旨に反する行為で、事務局と地裁は本人に謝罪したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング