働く女性に聞いた! 普段、お財布にいくら入っていたら、安心?

使う予定はないけれど、お財布の中にある程度の現金が入っていないと心配ですよね。でも「ある程度」の基準は人によってちがいがありそうです。そこで、働く女性のみなさんに「お財布に入っていたら安心する金額」についてのアンケートをとってみました。

Q.あなたは、普段、お財布にいくら入っていたら安心ですか?

●第1位/「10,000円くらい」……31.0%
○第2位/「5,000円くらい」……24.9%
●第3位/「20,000円くらい」……12.7%
○第4位/「3,000円くらい」……12.2%
●第5位/「20,000円以上」……4.2%
※第6位以下省略

■第1位/「10,000円くらい」

・「何かあっても職場からタクシーで帰れるほどのお金があれば、なんとかなると思うから」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「急に飲み会が入ったりするかもしれないので、10,000円札がないと不安」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「カードの使えないところもあるので、これくらいないと不安」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

クレジットカードが使えないお店に行っても、万が一急な誘いがあっても、10,000円あれば何とかなりそうと考えている人が多いみたいですね。確かに日常生活でそれ以上の急な出費というのは、あまり多くないかもしれません。

■第2位/「5,000円くらい」

・「帰宅中に食材を買い物」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「あまり10,000円以上の大金を持っていたくないので、何も予定がない日はこのくらいあれば十分かなと思う」(28歳/不動産/事務系専門職)

・「使うときはATMで下ろせるのであまり金額は気にしていませんが、5,000円あれば急な外食やお誘いがあっても余裕があって安心なので」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

あまり大金を持ち歩きたくはないけれど、もしものときのためにということで、5,000円は必要と考えているようです。お仕事帰りの食品の買い出しにも十分な額ですよね。

■第3位/「20,000円くらい」

・「美容院や病院など、クレジットカードの使えないところも多いので、20,000円は入ってないと不安」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「何があるかわからないから、何日か生きていけるようにはしている」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「あまりクレジットカードを使いたくないから」(22歳/生保・損保/事務系専門職)

支払いは基本的に現金派という人や万が一に備えてという人はちょっと大目の金額になるみたい。財布にたくさんお金を入れておくのも不安ですが、いざというときに頼れるのはやっぱり現金ですよね。

■第4位/「3,000円くらい」

・「定期があるし金券もあるから」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「電子マネー決済がほとんどで、現金はあまり使わないから」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

普段から現金でなく電子マネーを使っている人はわりと少額でも安心なようです。

上位だけを見ても3,000円から20,000円まで「安心できる額」には、かなり幅がありますね。何もないに越したことはありませんが、電車が使えなくなったり、カード類が使えなくなるような災害にも対応できるという意味では、財布の中だけでなく別の場所にも少しくらいは現金を持っておくというのもいいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にWebアンケート。有効回答数213件(22歳〜34歳の働く女性)