今シーズンわずか4試合の出場にもかかわらず、初代表の座を射止めた坂井。持ち前の高さでアピールできるか。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大 (全4枚)

 ついにハビエル・アギーレ新監督率いる新生・日本代表の初陣メンバーが発表された。その顔ぶれは、ブラジル・ワールドカップのメンバーから12名、代表復帰が6名、初招集が5名となり、アルベルト・ザッケローニ時代のお馴染みのメンバーから大きな変化が見られた。
 
 フレッシュな印象を与えているのは、もちろん初招集組だが、とりわけ大卒ルーキーのFW皆川佑介(広島)と、同じく大卒で2年目のDF坂井達弥(鳥栖)の招集は、最大の「サプライズ」と言っていいだろう。同じ初招集でも、ここ最近のJリーグでセンセーショナルな活躍を見せていた武藤嘉紀(FC東京)や、所属クラブですでに絶対的な主力となっている森岡亮太(神戸)、松原健(新潟)に比べれば、皆川と坂井のふたりは実績やインパクトの面で欠けていた。おそらく、ほとんどの人が選ばれるとは思っていなかったはずだ。
 
 皆川は今シーズン、リーグ戦7試合に出場し2得点。7試合中6試合が途中出場で、リーグ戦デビューからわずか1か月でのA代表初選出となった。一方の坂井も、今シーズンはリーグ戦出場がわずか4試合。しかも、8月23日のアウェー大宮戦が11試合ぶりの出場だったのだ。ともに数少ない出場機会で自らの特長を示し、見事にチャンスを掴んだ。
 
 そのふたりの分かりやすい特長と言えば、やはり「高さ」ということになるだろう。186センチの皆川と183センチの坂井をはじめ、今回のメンバーには180センチ以上の選手が多く並び、格段に大型化した印象を受ける。この点だけをクローズアップすれば、アギーレ監督の狙いも「高さ」「空中戦」の強化にあるのは明白だ。
 
 その一方でアギーレ監督は、8月11日の就任会見では将来を見据えた人選を行なうとも語っており、90年代生まれが約半数を占めた今回のメンバーにもそうした考えが、色濃く反映されている。90年生まれの坂井と91年生まれの皆川の選出も、4年後を見据えた人材発掘の意味合いを持っているのは間違いない。
 
 キャリア不足は否めないとはいえ、「高さ」と「将来性」というふたつの共通点を持つ皆川と坂井が選ばれた。そう考えれば、さほど実績はなくとも彼らと類似したスペック(身長180センチ以上、90年代生まれ)を持つ選手にもまた、チャンスがあるとは考えられないだろうか。実際にこの条件を満たし、皆川や坂井と同じ大卒1、2年目の中にも、招集されてもおかしくない有力選手がいる。
 まず、皆川、坂井と同じ大卒の日本人選手で、1)180センチ以上、2)90年代生まれという条件を満たすフィールドプレーヤー(J1に限定)は8人いる。
 
DF/谷口彰吾(川崎)、牟田雄祐(名古屋)、岸田翔平(鳥栖)、藤井悠太(大宮)、小谷祐喜(C大阪)
FW/阪野豊史(浦和)、富山貴光(大宮)、松本大輝(甲府)
 
 91年生まれの谷口は、ルーキーながらJリーグで優勝争いをする川崎で、序盤戦からレギュラーに定着したCB。今回のメンバーに推すサポーターや識者の声も多かった。182センチの長身を生かしたエアバトルや競り合いの強さもあるが、最大の武器は技術の高さ。正確なフィードはもちろん、プレスをかわす足技にも長けている。
 
 名古屋で2年目を迎える牟田も、今シーズン12節からCBに定着した。序盤戦では、福岡大在学中で特別指定選手の後輩・大武峻に一時ポジションを譲っていたものの、その座を奪い返す逞しさを見せている。187センチの長身を生かした空中戦の強さはやはり魅力的だ。ただ、後輩の大武も188センチの大型CBで、上記の条件にも合致。先輩の牟田を抑えてポジションを奪っただけあってポテンシャルは高く、今後が楽しみなDFだ。