お父さんがキャディをつとめ娘の好発進を支えた!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ニトリレディスゴルフトーナメント 初日◇29日◇恵庭カントリー倶楽部(6,522ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ニトリレディスゴルフトーナメント」が北海道の恵庭カントリー倶楽部を舞台に開幕。初日の競技を終え、高校1年生のアマチュア、新垣比菜が首位と3打差の3位タイと好スタートを切った。

 新垣はインコースからスタート。序盤の11番で20メートルのパットをねじ込みバーディを先行させると、14番でも3メートルを入れスコアを伸ばす。18番ではセカンドショットをグリーン右に外すと、ここは寄らず入らずのボギーに。1アンダーで折り返す。
 後半は3番で7メートル、5番では2.5メートルを入れバーディを重ねるが最終18番ではティショットを慣れない粘り気のある洋芝のラフに入れると、2打目もラフ、3打目もラフと思うようなプレーができずボギーに。この日は4バーディ・2ボギーの“70”、2アンダーでホールアウトした。
 この日のプレーに点数をつけると「80点です」、9番と18番の2つのボギーで減点20だと話した新垣。この日は「パットが良かったです」とチャンスをほぼ決めて好発進。沖縄出身の新垣には北海道の洋芝は「ラフがキツくて苦労しました」と決して簡単ではなかったが、父でコーチの博昭氏との二人三脚で乗り切った
 新垣は2011年、小学校6年の時に予選会を突破し歴代2位の最年少記録で「ダイキンオーキッドレディス」に出場。昨年と今年は同大会で2年連続のベストアマに輝いた他、数々のアマチュアタイトルを持つ沖縄の期待の星。ゴルフ以外に趣味も特技もないそうで、学校がある時は終わってから毎日1時間以上かけて父の勤務するゴルフアカデミーに行き、22時ぐらいまで練習。この夏休みも試合などでゴルフ漬けの毎日だという。
 同郷の先輩、宮里藍に憧れ、会見では「似てるとたまに言われます。嬉しいです」とはにかんだ。宮里のようにアマチュアでのツアー制覇も狙っているという。将来の目標は「プロになって活躍したい。いっぱい勝ちたいです」。南国から来た15歳が北の大地で夢の実現に向け大きな一歩を踏み出した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Gボイス】ローリー・マキロイの強さの秘密ってなんだと思う?
美人ゴルファーが続々登場!「美ゴ女」
毎週更新!人気プロの厳選フォトを一挙公開