東京メトロ8駅に“猿”が出現、「猿の惑星:新世紀」プロモーション。

写真拡大

2011年公開の映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編で、9月19日に公開される「猿の惑星:新世紀(ライジング)」。そんな本作で描かれる猿たちが、舞台である米サンフランシスコを飛び出し、東京の地下鉄でも勢力を拡大している?――という。

本作で描かれるのは、高度な知能を獲得した猿のシーザーが、仲間を率いて傲慢な人類への反乱を起こしてから10年後の世界。勢力を拡大した猿たちは、カリスマ的リーダー、シーザーのもとでサンフランシスコ郊外の森の奥深くに巨大なコミュニティを築き上げていた。約2,000頭の猿たちが高度なコミュニケーションを取りながら、文明的にも目覚ましい進化を遂げているのだ。

そんな勢いに乗る猿たちが、東京メトロ主要8駅に、9月1日より猿のコミュニティを形成するという……。といっても、これは本作のポスタープロモーション企画。ポスターを見ると改札口の向こう側は猿たちだけの世界で、まさに“猿の惑星”が出現しているのが分かる。

当初は改札付近にこのポスターを掲示する予定だったが、リアルなため本当に間違って入ろうとする人がいると困るとの理由から、あえて改札から離れたところに掲示することになったそうだ。

劇中で猿たちは、馬に乗って移動し、武器や戦車にいたるまで複雑な道具も駆使できるようになっている。東京の地下鉄で電車に乗ることなんて、もしかしたら猿たちにとっては「簡単過ぎる」ことなのかも?

掲出駅は上野、銀座、表参道、渋谷、池袋、大手町、新宿三丁目、飯田橋。掲出期間は9月1日(月)〜30日(火)予定(※掲出期間は駅により異なる)。

映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は9月19日(金)全国ロードショー、9月13日(土)、14日(日)、15日(祝・月)先行上映決定(一部劇場除く)。