昨季3勝して賞金ランキング5位と、自己最高成績を残した吉田弓美子。今季はまだ勝利がないが、ヤマハレディース(4月3日〜6日/静岡県)で単独2位、NEC軽井沢72(8月15日〜17日/長野県)でも優勝争いに加わるなど(最終順位は6位タイ)、コンスタントに上位争いを演じて、日本女子ツアーの"顔"のひとりとして安定した地位を築いている(賞金ランク33位。8月27日時点)。

 とはいえ、今年の4月で27歳になった彼女が、レギュラーツアーで結果を出し始めたのは、ごく最近のこと。2011年シーズンに賞金ランク42位となって、初めてシード権を獲得。シード選手としては、まだ3年目のプレイヤーである。

 初優勝を飾ったのも、一昨年8月のNEC軽井沢72。25歳のときだった。2003年、高校生の宮里藍がツアー優勝を飾って以来、10代や20歳そこそこの選手が優勝を重ねている現状を考えれば、吉田はいわゆる"遅咲き"の存在と言える。

 そもそも吉田は、厚木北高2年のとき(2004年)からナショナルチームの一員となった。そこで、アマチュア時代からプロツアーで活躍していた諸見里しのぶ(28歳)をはじめ、有村智恵(26歳)や原江里菜(26歳)らとともに切磋琢磨してきた。海外遠征も経験し、「私もみんなと一緒にプロになる」と、プロの道を選んだ彼女が頭角を現すのは、さして時間はかからないと思われた。が、現実は甘くはなかった。

 高校を卒業して、初めて挑戦した2006年のQT(※1)でサード止まり。2007年、2008年も同様で、ファイナル進出さえ叶わず、2007年から2009年までの3年間は、TPD単年登録(※2)選手として、わずかな試合しか出場できなかった。

※1=クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。

※2=プロ資格を保持していない選手でも、TPD(トーナメントプレイヤーズディビジョン)単年登録をすれば、ツアーに出場できる。通常、セカンドQTを突破すれば登録可能だが、ファイナルQTで上位に入らなければ、主催者推薦などを含めても出場数は限られる。

 吉田は、この3年間が忘れられないという。

「マンデートーナメント(※)に出場しても、ほとんど突破できず、もどかしい日々を過ごしていました。特にこの時期、同世代の選手がすごく活躍していたんです。ナショナルチームで一緒だった諸見里しのぶさん(2007年に日本女子オープン優勝。2009年にはツアー6勝)に、有村智恵さん(2008年にツアー初優勝を飾ると、2009年にはツアー5勝)、そして原江里菜さん(2008年にツアー初優勝を飾って賞金ランク10位)らが活躍する姿を遠目で見ていて、余計に歯がゆかったですね。雲の上の存在と見ていた人たちが、さらに天の上のほうまで登っていってしまったようで、『もう追いつけないだろうな』と思ったりして......。そのときの、もがき苦しんでいた時間は、本当に長く感じました」

※トーナメントの出場資格がない選手が出場権をかけて争う予選会。トーナメント開催週の月曜日に行なわれることが多い。出場権が得られる人数は大会によって異なる。

 しかし吉田は、その3年間を乗り越えたことでたくましくなったのだろう。2009年のプロテストでトップ合格を果たすと、同年のQTで初めてファイナルまで進出(12位)。翌2010年シーズン、念願のツアーフル参戦を果たした。そして、2011年シーズンに初のシード権を獲得、それからシード選手の常連となった。

 そんな吉田には、こだわりがある。できる限り、試合に出ることだ。

「自分は今、こうしてレギュラーツアーに出られるような選手になりました。だからこそ、出られる試合はすべて出場したい。そして、一試合、一試合を大事にしていきたいな、と思っています。もちろん、うまくいかない時期は(試合に)出たくないな、って思うこともあります。でも、試合に出られなくて、もどかしい日々を送っている人たちのつらさに比べれば、なんてことはない。そのつらさを私も知っているので、今の私はとても幸せな立場にあると思っています。ですから、試合に出られるうちは試合に出続けたい。そして、チャンスをつかみたいんです」

 実際に吉田は、2012年シーズンは35試合中、34試合に出場(うち1試合途中棄権)。2013年シーズンも36試合中、35試合に出場(うち1試合途中棄権)している。長い間、試合に出たくても出られなかった吉田にとって、試合に出られること、それこそが最大の喜びなのである。ゆえに、どんな試合も無駄にしないように全力を尽くす。ファンに対しても、笑顔を絶やさない。そうした謙虚な姿勢が、近年の好成績につながっているのかもしれない。

 そして今季も、重度の花粉症を抱えて2試合で途中棄権を強いられたものの、ここまで出られる試合はすべて参戦。海外メジャーの全米女子オープン(6月19日〜22日/アメリカ・ノースカロライナ州)出場も果たした(予選落ち)。残り試合はもちろん、すべて出場する予定で「これからが勝負」と意気込みを見せる。

「今は、技術的なバリエーションを増やすことに専念しています。どんなアングルからでも打てるような、自らのショットの引き出しを多くしたいと思って、いろいろな選手の打ち方を見て、そこからヒントを得ながら、練習を重ねています。あえて悪いライから打ってみたり、ディボット跡から打ってみたりして、困った状況になっても常に対応できるようにしたいんです。アプローチも同様で、上げたり、転がしたり、遊びの中ではやっていましたが、実戦でもさまざまな状況に対応した打ち方ができるように練習しています。最近、そうした部分に関しては、かなり自信がついてきています」

 日に日に技術レベルが上がってきた吉田は、7月の日医工女子オープン(7月4日〜6日/富山県)以降、予選落ちなく、上位争いにも加わる機会が増えてきた。

「これまでは、先輩たちの背中を追いかけてがんばってきたけれど、今や後輩も増えてきたので、『打倒・吉田』とか『弓美子さんを抜いて上位を狙うぞ』と言われるような存在になっていきたい。そのためにも、シード選手としての自覚を高めて、常に上位争いしていかないといけないですね」

 昨季、花粉の季節が去ってから本領を発揮し始めた吉田。今季も、いよいよ爆発のときを迎えようとしている。

text by Kim Myung-Wook