『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 ©2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

写真拡大

『マッドマックス』シリーズの約30年ぶりとなる新作の邦題が、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に決定。2015年夏に日本で公開されることも明らかになった。

【もっと大きな写真を見る】

『マッドマックス』シリーズは、ジョージ・ミラー監督によるアクション映画シリーズ。1979年に公開され、低予算でありながら改造車を駆使したカーアクションで注目を集めたシリーズ第1作目をはじめ、核戦争後の荒廃した世界やモヒカン刈りの暴走族らを描いて漫画『北斗の拳』にも大きな影響を与えたと言われる1981年の『マッドマックス2』、キャストにティナ・ターナーらを迎えた1985年の『マッドマックス/サンダードーム』がこれまでに発表されている。

30年ぶりのシリーズ新作となる同作では、『ダークナイト ライジング』でベイン役を演じたトム・ハーディがメル・ギブソンに代わって主人公のマックスを演じる。さらに女戦士役にはシャーリーズ・セロンがキャスティングされている。監督はこれまでと同じくジョージ・ミラーが務める。