元アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズのジョエル・ランパードが超精鋭ぞろいの追跡部隊と繰りひろげるサヴァイヴァルドキュメンタリー「ザ・マンハント」が9月16日からディスカバリーチャンネルで放送される。史上空前のスケール、予測不能のスリルを堪能できる“本気のサヴァゲー”は必見だ。

「恐怖の追跡チームから逃げ切れるか:本気のサバゲー「ザ・マンハント」」の写真・リンク付きの記事はこちら

元アメリカ海軍特殊部隊ネイヴィーシールズのジョエル・ランパードが、たったひとりでエリートぞろいの追跡チームに立ち向かう。ジョエルは基本的なサヴァイヴァルキットと水筒だけを持ち、世界各地でゲームを開始。ルールは追跡チームから逃げ切り36時間以内にゴールにたどり着くことだ。

ディスカバリーチャンネルで9月16日に放送されるエピソードの舞台は、南アフリカ。動物保護区で、元軍人、元密猟者からなる国際密漁撲滅基金の部隊にジョエルは挑む。その地を知り尽くした密漁撲滅基金の部隊はわずかに残った手がかりも見逃さずジョエルを執拗に追い詰めていく。しかもジョエルは追手だけでなく保護区に生息するライオン、ヒョウ、ゾウなど凶暴な動物の危険にもさらされる。極限の状況でのサヴァイヴは意外な結末に!

ポーランドでは国の威信をかけた国境警備隊がジョエルを待ち受ける。世界最高レベルの実力を持つ精鋭部隊はサーマルカメラを搭載したヘリや全地形対応車、追跡犬を広範囲に配備してジョエルを追っていく。絶体絶命の状況に追い詰められたジョエルはなんと20メートル以上の高さがある崖からロープひとつで飛び降りる。アクション映画なみのド迫力の映像で、国境警備隊とジョエルの壮絶な戦いが繰り広げられる。

その他、パナマでは麻薬取引を取り締まるエリート部隊セナフロントに挑む。パナマの海岸から100キロ以上離れたサンノゼ島を舞台に、セナフロントは全地形対応車やボートを駆使して陸海お構いなしにジョエルを捜索。

ジョエルは精鋭ぞろいの超難敵から無事逃げ切り、ゴールにたどり着くことができるのか。ドキュメンタリーだからこそ実現できた、予測不能の展開とスリルが味わえる番組だ。

「ザ・マンハント」
ディスカバリーチャンネルにて、9月16日(火)放送スタート。毎週火曜23時