カラーは2種類

写真拡大

健康総合企業を標榜するタニタ(板橋区)は、省電力で通信を可能にする近距離無線技術BluetoothV4.0を搭載し、スマートフォンや対応するテレビと連携する活動量計カロリズム「AM−160」を2014年9月1日に発売する。

アイフォーンでもテレビでも

計測結果をスマホの主流となっているiPhone(アイフォーン)の対応アプリで表示・管理できるだけでなく、三菱電機が2014年10月に発売する4K対応三菱レーザー液晶テレビ「REAL」LS1シリーズにデータを転送し、テレビの大画面で計測結果を表示・記録することも可能。

対応するアプリは、エクササイズの成果でアプリ内のキャラクターの体形や性格が変化していく「ふとしの部屋」、アプリ内のヒロインと一緒にランニングでダイエットに挑戦する「ねんしょう!2+」、計測結果をグラフ化して管理できる「ヘルスプラネット」、の3種類。

1日に使ったカロリーの推移を管理できるため、摂取カロリーとのバランスを取ることでダイエットなどに役立つという。

カラーはブラックとシルバーの2色で、価格はオープン。