小保方晴子氏と理化学研究所のトラブル激化? 莫大な研究費めぐる金銭問題

ざっくり言うと

  • 小保方晴子氏は自主退職を望み、懲戒解雇をしたい理研と激突している
  • STAP細胞を作製できず懲戒解雇されれば、莫大な研究費の返還を求められる
  • 数千万円の負債になるため、小保方氏は自主退職の道を模索しているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング