『スパルタ婚活塾』(文響社)

写真拡大

 婚活という言葉が出現したのは2007年のことだ。以降、婚活パーティー、婚活請負人、婚活ドラマ、そして婚活本など"便乗ビジネス"が出るわ出るわ。ノホホンとしていては結婚などできない、婚期が遅れる! という時代の象徴、脅迫ビジネスでもあるが、それは2014年の現在も変わらない。いや、それはますます加速しているといっていい。

 だが今年8月に出版された『スパルタ婚活塾』(水野敬也/文響社)は、これまでの婚活本とはちょっと変わったマニュアル本だ。なにしろ著者は、ダブルミリオンの売上げを叩き出した自己啓発小説『夢をかなえるゾウ』(飛鳥新社)の作者・水野敬也。水野は、恋愛マニュアル本『LOVE理論』(文響社)をヒットさせ『スパルタ恋愛塾』というDVDを世に送った恋愛の達人でもあるのだ。そんな水野の婚活スパルタぶりは冒頭から炸裂する。
「女よ。今、この文章を読んでいる貧乳のお前だよ」「『別に結婚願望なんかないんですけど』などと言おうものなら、その瞬間に強烈なビンタを食らわせ、気絶したところを強引に玉の輿に乗せる」と威勢良く豪語するのだ。そんなスパルタ婚活塾とは一体どんなものなのか。

 まず基本は「会話」術らしい。ここでも水野はこれまでの常識について一発かます。

 多くのマニュアル本に書かれている「女性としてのマナーを大切にしましょう」『男性の話が盛り上がるように聞き上手になりましょう』『男性の自尊心をくすぐるようなホメ言葉を言いましょう』なんて"常識"は大間違い。これらは男のニーズを無視したものであり、はっきりいってキモい!というのだ。そして会話で一番大切なのは「ツッコミを入れること」だと説く。

「俺は大学四年間、六本木のカラオケパブでアルバイトをしていた。その店には六本木のキャバクラや銀座のクラブのアフターで来る客が多く、そしてその中にはいわゆる美人でないのにお金持ちの男を次から次へとつれてくる女がいて、俺は彼女たちがどのような会話をしているのかつぶさに研究していた」

 その結論が「ツッコミ上手な女」ということらしい。

 ツッコミを入れるということは、相手の発言の意図を正しく理解していることで、しかも退屈な予定調和ではなく、スリリングで魅力的な会話に発展する。しかもツッコムことで「男の上の立場にポジショニングができる」のだという。

 例えば男が「俺、料理得意なんだよね」と言ったら「すごいね。今度食べさせて」はNG。正解は「出た、料理得意アピール」とツッコミ、続けて「そうやって女の子を部屋に連れ込んでるんじゃないの?」と暗に男がモテてると持ち上げる。さらに「今度ホームパーティしよう。私が判定してあげる」と話を進め、実際ホームパティーで料理を褒める。これで男の心は大きく揺さぶられ、女のペースにはまっていくといった具合だ。「『男の上に立つコミュニケーション』こそが、顔や年齢を凌駕する最強のスキル」と水野は言う。

 なるほど。

 次は「おさわり」術。これも「男の膝に手を置く」なんていうベタなことは絶対してはいけないという。そんな水野が提案するのは「おさわり四十八手」だ。共同作業を達成しての「ハイタッチ」、ツッコミ会話のなかの「ソフトビンタ」、他にも「爆笑もたれかかりタッチ」、席を立つ時に男の肩を使う「どっこいしょタッチ」、ヒゲを触る「ジョリジョリ確認」などなどナチュラルに男にタッチ、という高等テクニックだ。

 他にはデート中、何が起きても「逆に、楽しい」と口にするなんてのもある。これは結婚後、様々なトラブルに遭遇しても「逆に楽しい」と思える女を男は生涯のパートナーに求めているからだとか。さらに男をホメるのは当然だが、一度ホメて、少し時間をおいて「...ていうか、マジですごくない?」と強調するなどなど、具体的で多様な婚活テクニックが紹介される。

 これまでの婚活の常識を次々と否定し、くつがえしていく水野。しかし──。

 本書を読み進めて行くといくつもの疑問が浮かんでくる。それを象徴するのひとつに「ファッション」編がある。

 男にウケる服装と女のそれとは"格差"があるとはよく言われること。水野もまた「『私、ファッションに対する意識高いんで』とか思っている女が一番危ないんじゃあ!」と個性的ファッションを攻撃する。男が女に求める服装とは「可憐さと優しさ」であり、「『いつの時代も男受けする王道アイテム』を一切のこだわりを持たずに購入する」べきだというのだ。まあ、ここまでは何となく分かる。しかし水野の主張する「王様アイテム」は驚愕すべきものだった。

「白ワンピ シースルー 細ヒールの靴 てろてろスカート アンサンブル タイトスカート パステルカラーのトップス」

 はあーー? そもそもこんなファッションで男の会話をツッコム若い女なんて存在するのか? 会話にはツッコミという個性を求め、ファッションは没個性。本当にこれが男が求める結婚したい女?? あまりにちぐはぐ。

 いやまだある。それが水野が提唱する"理想"のホメ会話実践術だ。

 男が頑張ったのに、ベストの行動をしなかった時の会話はこうだ。

「あんた、優しすぎ」「ミスター・ホスピタリティって呼ぶことになるけどいい?」「『紳士的』っていう言葉を辞書で引いた時あなたの名前を載せるように岩波書店にメールしておく」

 かなり、サムい。

 さらに男に結婚を意識させる会話、行動術も紹介される。

・ウインドウショッピングだけといいながら、目を限界まで見開いて婚約指輪を凝視する。
・「今日のあなたの格好、すごいセクシー」と褒めてから「セクシーっていうか、ゼクシィだよね」と結婚雑誌の名前を出す。
・歩き疲れて休む時、「じゃあちょっと区役所寄ってく?」と言う。
・居酒屋で左手の薬指にチクワをはめる遊びをねだる。
・カラオケで「バタフライ」「家族になろうよ」「てんとう虫のサンバ」以外歌わない。

 絶句である。これって全て男が"ひく"オンパレードとしか思えないが、しかしこれが水野の言う婚活術であり「男の理想・本音」らしい。

 いや、それはあくまで男の一般的本音などではなく"水野"の本音かもしれない。というのも、スパルタ婚活を延々と提唱する水野は、本書の最後になってこんな"告白"をしているのだ。

「僕は中学高校時代、女に全く縁のない時間を過ごしてきた」

 その理由は"醜形恐怖"で、美容整形まで考え、心療内科にも通ったらしい。そして大学に入り、初めて告白してフラれるも、その後は意識を変え「女の子との出会い」に勤しむようになる。合コンをすればその日のうちに自分の会話を全部大学ノートに書き出し、自己反省して泣く日々──。

 こうして"お勉強"して培った壮大なモテ妄想を作家となった今、本にしたためそれを女たちに教授する。まるでモテなかった過去の自分と、自分に振り向かなかった女たちへのリベンジ本なのだ。

 とはいえ、ほとんどの婚活・恋愛本は妄想と幻想の世界。婚活マニュアル本なんか頼りにしないほうが、かえって婚活もうまくいくかもしれない。

 加えて水野敬也の場合、DVD『温厚な上司の怒らせ方』などパロディ的な著作もあったり、ヒットした『ウケる技術』や『LOVE理論』にしても、本気なのかギャグなのか判別しづらいところがある。鵜呑みにしてそのままやって、赤っ恥をかかないようにご用心を。
(林グンマ)